当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

国道178号(岩美道路)

計画概要

 国道178号「岩美道路」は、地域高規格道路『山陰近畿自動車道』の一部を構成する自動車専用道路として、鳥取県土整備事務所が整備を進めています。

岩美道路路線図

岩美IC~浦富IC

路線名  一般国道178号
事業区間  鳥取県岩美郡岩美町陸上から本庄まで
延長  5.7km 
幅員  13.5m(2車線)
道路規格  第1種第3級
計画交通量  7,400~12,000台/日
全体事業費  約313億円 
 事業経緯  平成  6年12月 「鳥取豊岡宮津自動車道」が地域高規格道路に指定
 平成21年  3月 「岩美道路」が新規事業化
 平成22年  2月 都市計画道路「本庄東浜線」として都市計画決定
 平成23年  2月 用地買収に着手
 平成24年  3月 工事着工
 平成28年  3月 岩美IC~浦富IC間(1.9km)が開通 

岩美道路のパンフレット(PDF)

岩美IC~浦富IC間が開通しました。(平成28年3月26日)

岩美道路の整備状況

山陰近畿自動車道について

 『山陰近畿自動車道』は、鳥取・兵庫・京都3府県の日本海沿岸地域を東西に縦貫する延長約120kmの地域高規格道路です。
 鳥取県内区間については、兵庫県境部の「東浜居組道路」が平成20年11月24日に、「駟馳山バイパス」が平成26年3月22日に供用し、現在、両者を結ぶ「岩美道路」の整備が進められています。

山陰近畿自動車道について(道路企画課ホームページ)

岩美道路の整備の目的

(1)日本海国土軸の形成
 日本海側の高速道路網は整備が遅れており、ミッシングリンク(ネットワークとしてつながっていない)の状態です。鳥取豊岡宮津自動車道は、このミッシングリンクを解消し、「日本海国土軸」を形成して国土強靭化を図ります。
(2)ジオパーク観光の推進
 世界ジオパークに認定された「山陰海岸ジオパーク」のエリア内を通り、鳥取砂丘などの観光地を結ぶ周遊観光ルートを形成し、広域観光を推進します。
(3)地域産業の活性化
 流通機能が強化され、地元の農林水産品をいち早く市場に届けることが可能になります。また、企業の立地や生産活動の促進により、雇用の拡大が期待されます。
(4)安心・安全な暮らしの実現
 地震などの大規模災害時には、緊急輸送道路として機能します。また、救急搬送の迅速化や、他の道路が災害等で通行止めになった場合の代替道路の確保が図られ、地域住民の安心・安全な暮らしを守ります。

岩美道路だより

  

最後に本ページの担当課    鳥取県 鳥取県土整備事務所
    住所  〒680-0061 鳥取県鳥取市立川町6-176
   電話 0857-20-35940857-20-3594        ファクシミリ   0857-20-3598
      E-mail   tottori_kendoseibi@pref.tottori.lg.jp
    佐治川ダム
   
住所 〒689-1324 鳥取県鳥取市佐治町尾際1211-3
    電話   0858-88-02300858-88-0230
         ファクシミリ  0858-88-0130