当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
 サーバのメンテナンスのため、9月21日(土) 0時~23日(月)18時の間、とりネットの一部コンテンツがご利用いただけません。詳細は、お知らせをご覧ください。

河川砂防課 (河川・海岸、砂防・治山施設の整備)

令和元年度 中ノ郷小学校(鳥取市円護寺)で防災教育を実施しました

 例年、中ノ郷小学校では3年生を対象にした防災教育を行っていますが、今年度は5年生を対象に「森林のはたらき」をメインテーマにした防災教育も行いました。5年生では理科の授業で、雨が降った時の森林の洪水抑制効果を学んでいるようで、森林のはたらきについて興味深く学習してもらいました。

 教頭先生をはじめ多くの先生も参加され、小学校としての防災に対する意識の高さを感じました。写真は3年生の学習の様子。

学習の様子

【5年生の学習概要】

日時:令和元年7月10日(水)10時30分~11時10分

場所:中ノ郷小学校 Go・郷ルーム(ゴーゴールーム)

講師:河川砂防課 前田係長、村松技師

相手:中ノ郷小学校の5年生43名

内容:パワーポイントによる森林のはたらきと土砂災害のお話し

【3年生の学習概要】

日時:令和元年9月3日(火)13時55分~14時40分

場所:中ノ郷小学校 Go・郷ルーム(ゴーゴールーム)

講師:河川砂防課 前田係長、徳田技師、寺岡技師

相手:中ノ郷小学校の3年生33名

内容:パワーポイントによる土砂災害のお話し、模型実験

令和元年度 郡家東小学校(八頭町)で防災教育を実施しました

日時:令和元年6月12日(水)10時30分~12時 

場所:郡家東小学校5年生教室、学校周辺の裏山(土砂災害危険箇所)

講師:鳥取大学 藤村名誉教授

   河川砂防課 山本補佐、前田係長、徳田技師  

   治山砂防課 日笠補佐、吉竹係長、原係長

相手:郡家東小学校の5年生30名

内容:パワーポイントによる土砂災害のお話し、模型実験、

   鳥取大学藤村名誉教授による裏山観察、ドローンによる上空からの学校周辺の観察

学習風景

 土砂災害の種類やその恐ろしさ、特徴、災害に対する備えなどについて、スライドや実際の災害写真や動画、模型を使って学習してもらいました。鳥取大学藤村名誉教授の特別講義では、「どれくらいの雨が降ったら災害が起こりそうなのか、若い時に”感覚”を磨いてほしい。」とのアドバイス、教授手作りの簡易雨量計のプレゼントがありました。

 学習の後半は、屋外にてドローンによる上空からの学校周辺の観察、教授による学校周辺の裏山観察が行われました。今回の学習を通じて、土砂災害に対する認識をもっと深めてほしいと思います。

防災学習の様子はこちらへ

令和元年度 土砂災害危険箇所等の点検を実施しました

   鳥取県土整備事務所では、鳥取県土木防災・砂防ボランティアの協力を得て、鳥取市、岩美町との合同により、土砂災害が発生する恐れのある危険箇所や、土砂災害防止施設など、計14箇所の安全点検を令和元年6月11日に実施しました。

 今後も引き続き、土砂災害危険箇所等の点検を適宜行い、災害発生の未然防止に取り組んでいきます。

点検状況写真

当日の点検状況はこちらへ

土砂災害への注意事項はこちらへ(鳥取県庁治山砂防課ホームページ)

土砂災害を防止する工事が完成しました(鳥取市中砂見、鳥取市用瀬町安蔵)

鳥取市中砂見地区での急傾斜地崩壊対策工事、ならびに鳥取市用瀬町安蔵(鹿の子)地区での砂防堰堤整備工事が完了しました。

鳥取市中砂見地区_急傾斜地崩壊対策工事の概要はこちら
鳥取市用瀬町安蔵(鹿の子)地区_砂防堰堤整備工事の概要はこちら

平成30年度 岩美西小学校(岩美町)、倉田小学校(鳥取市)で防災教育を実施しました

 土砂災害には「土石流」「がけ崩れ」「地すべり」の種類があることや、その恐ろしさ、災害の特徴やまえぶれなどについて、スライドや動画、模型を使って学習してもらいました。
 また、避難の判断、避難情報の入手方法、避難場所の確認など、自分で自分の身を守る方法についても学んでもらいました。
 今回の学習内容を家族とも話しあってもらい、土砂災害に対する理解を一層深めてほしいです。

【岩美西小学校】
 日時:平成30年10月17日(水)10時30分~11時15分
 場所:岩美西小学校多目的教室
 講師:河川砂防課 山本補佐、前田係長
 相手:岩美西小学校の4年生 17名
 学習状況

【倉田小学校】
 日時:平成30年10月19日(金)14時00分~14時45分
 場所:倉田小学校多目的教室
 講師:河川砂防課 山本補佐、前田係長  計画調査課 大坪補佐
 相手:倉田小学校の5年生 20名
  学習状況学習状況

平成30年度 中ノ郷小学校(鳥取市円護寺)で防災教育を実施しました

日時:平成30年9月11日(火)13時55分~14時40分
場所:中ノ郷小学校 Go・郷(ゴーゴー)ルーム
講師:円護寺ホタルを守る会 石田さん
   河川砂防課 山本補佐、前田係長、髙間技師
相手:中ノ郷小学校の3年生 33名
内容:土砂災害の種類や特徴、災害から身を守る方法、模型を使って土砂災害を知る。
 防災学習の様子
 土砂災害には「土石流」「がけ崩れ」「地すべり」の種類があることや、その恐ろしさ、災害の特徴やまえぶれなどについて、スライドや動画、模型を使って学習してもらいました。
 7月西日本豪雨や北海道胆振東部地震での土砂災害の印象が強く残っているようで、土砂災害に対する疑問・質問が多くあり、児童達の意識の高さを感じました。
 例年、中ノ郷小学校3年生を対象に防災教育を行っていますが、関係者から「高学年になっても、この防災教育のことを児童は覚えている」との意見をいただきました。この教育をきっかけに、土砂災害に対する認識をもっと深めて欲しいと思います 。 

防災学習の様子はこちらへ

土砂災害への注意事項はこちらへ(治山砂防課ホームページ)

土石流の実際の映像(国土交通省ホームページ)

平成30年度 神戸小学校(鳥取市中砂見)で防災教育を実施しました

日時:平成30年6月29日(金)14時00分~15時00分
場所:神戸小学校図書室
講師:河川砂防課 山本補佐、前田係長  治山砂防課 横河係長
相手:神戸小学校の4年生~6年生の14名
内容:土砂災害の種類や特徴、災害から身を守る方法、模型を使って
   土砂災害を知る
防災学習の様子

 「土砂災害」には「土石流」「がけ崩れ」「地すべり」の種類があることや、その恐ろしさ、災害の特徴やまえぶれなどについて、スライドや動画、模型を使って学習してもらいました。
 土石流やがけ崩れ、地すべりが実際に発生する瞬間の動画を見た児童達からは、おもわず 「うわっ!」「きたっ!」「こわい!」などの言葉が。土砂災害がひとたび起こった際の恐ろしさがよく伝わったと思います。

 また、避難の判断をどうしたらよいか、情報をどう得たらよいか、どこに避難すると良いのか、普段からどんな準備をしたら良いのか、など、自分の身を自分で守る方法についても学んでもらいました。
 「土石流」「がけ崩れ」「地すべり」の模型を使った実験もみなさんに体験してもらい、楽しみながら災害の発生する仕組みなどを知ってもらえたと思います。

防災学習の様子はこちらへ

土砂災害への注意事項はこちらへ(治山砂防課ホームページ)

土石流の実際の映像(国土交通省ホームページ)

平成30年度 土砂災害危険箇所等点検を実施しました

 鳥取県土整備事務所では、鳥取県土木防災・砂防ボランティアの協力を得て、鳥取市、岩美町との合同により、土砂災害が発生する恐れのある土砂災害危険箇所や、土砂災害から人命・財産を守るために設置した土砂災害防止施設等、計17箇所の安全点検を平成30年6月12日に実施しました。
 今後も引き続き、土砂災害危険箇所等の点検を適宜行い、災害発生の未然防止に取り組んで行きます。
 点検状況

当日の点検状況はこちらへ

土砂災害への注意事項はこちらへ(鳥取県庁治山砂防課ホームページ)

平成29年度 中ノ郷小学校で防災教育を実施しました。

  3年生41名を対象として、土砂災害の恐ろしさやどこが危ない場所なのか、また、土砂災害から自分の身を守るためには事前にどんな準備をしたら良いのかなど、パワーポイントや模型を使って講義を行いました。
 土砂災害のイメージ動画や模型を使って砂防ダムの効果の実験を行ったときなどは、感嘆の声を発していました。講義後には、生徒から「避難所へ避難が間に合わなかった場合はどうするのか」「災害時に一人で自宅にいた際はどう行動すればいいのか」などの質問が積極的にあり、とても有意義な時間となりました。

 さらに、校区内で施工している妙見川右支渓1砂防堰堤工事の現場見学会を実施しました。説明後には、「どうやって砂防堰堤を施工するのか」「完成までにどれくらいの期間がかかるのか」、「工事完成までに土砂災害が発生する恐れがある場合はどう行動したらいいのか」など、生徒から教室内の講義に引き続き積極的な質問があり、土砂災害に対して関心をもっていただけました。


日時

平成29年8月30日(水)午前10時15分~午前12時00分

場所

鳥取市立中ノ郷小学校 及び 妙見川右支渓1砂防堰堤工事の現場内

開催状況

○教室内ではパワーポイントによる講義を行いました。

 

○熱心に講義を聴きていただきました。


○模型により砂防ダムの効果を実験しました。


○現場視察も実施しました。(妙見川右支渓1砂防堰堤工事)

米里小学校(4年生)が校外学習で、整備中の「山白川排水機場」を見学

 大口堰土地改良区は、米里小学校4年の児童約30名を対象にした校外学習(山白川の施設見学)として、鳥取県が実施している山白川排水機場整備工事の現場に訪れました。
 児童の皆さんは、排水機場の壁や天井が工事中のため、内部を見学することはできませんでしたが、外から工事の状況を見学しました。
 また、「川の役割」や「河川工事の内容と目的」、そして「洪水時のお願い」などについて県が説明を行い、河川について学びました。
 

日時

平成28年11月4日(金)午後2時30分~午後2時50分

場所

鳥取市宮長(山白川排水機場工事現場)

開催状況

 

 

問合せ先

鳥取県土整備事務所 河川砂防課
電話:0857-20-3657(計画担当)
           3625・3626(河川担当)
           3627・3628・3642(砂防担当)
           3583(治山担当)
  

最後に本ページの担当課    鳥取県 鳥取県土整備事務所
    住所  〒680-0061 鳥取県鳥取市立川町6-176
   電話 0857-20-35940857-20-3594        ファクシミリ   0857-20-3598
      E-mail   tottori_kendoseibi@pref.tottori.lg.jp
    佐治川ダム
   
住所 〒689-1324 鳥取県鳥取市佐治町尾際1211-3
    電話   0858-88-02300858-88-0230
         ファクシミリ  0858-88-0130