当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
とっとり弥生の王国

とっとり弥生の王国推進課

“とっとり弥生の王国”とは?

我が国最大級の弥生時代集落「妻木晩田遺跡」。
多種多様な出土品から「地下の弥生博物館」とも呼ばれる「青谷上寺地遺跡」。
我が国の弥生時代を代表するこれら二つの遺跡の他、多くの弥生時代の遺跡や出土品が知られている鳥取県は、まさに「弥生の王国」です。

とっとり弥生の王国推進課では、これら鳥取県の優れた弥生文化を広く知っていただくため、
全国的に注目を集める最新の調査研究成果を発信するとともに、遺跡を楽しみ、学んでいただく様々な取り組みを行っています。

  
         バナー ←こちらからどうぞ

妻木晩田遺跡情報

むきばんだ史跡公園バナー←妻木晩田遺跡の情報はこちらから
  

青谷上寺地遺跡ニュース

06月16日

「青谷かみじち遺跡土曜講座」の開講を延期します。

例年5月に開講する「青谷かみじち遺跡土曜講座」について、開講を9月以降に延期します。
06月12日

古代米の田植体験を行いました!

国史跡青谷上寺地遺跡地内の体験水田で、青谷高校、青谷小学校の生徒児童が古代米の田植えを行いました。
05月26日

PDF版『青谷上寺地遺跡発掘調査研究年報2018』を公開します

05月13日

青谷かみじち遺跡NEWS14号を発行しました。

05月01日

青谷上寺地遺跡収蔵展示室再開のお知らせ(5月7日(木)以降)

02月10日

古代米グルメ・スイーツ講座を開催しました

01月18日

青谷かみじち遺跡NEWS13号を発行しました。

発掘調査情報

2017年01月04日
古代の造成土

【第17次調査の成果から】古代の土地造成

 田んぼの耕作土を機械で取り除いた後の調査区には、主に弥生時代から古墳時代にかけての土器のかけらを大量に含んだ土が調査区一面に広がっていました。土器のかけらは細かく、とても元の形に復元できそうにはありません。古代(奈良時代頃)の土器も少し混じっているので、大量の土器を含んだこの土は、奈良時代以降、この場所に動かされたものと考えられます。

 過去の調査でも、このように大量の土器を含んだ土が、弥生時代の集落中心部分に相当する微高地の範囲に広がっていたことが確認されています。したがって今回の調査区周辺では、奈良時代以降に大規模な土地造成が行われたと言えそうです。

 また、今回の調査では、柱の根本が立ったままの状態で8本見つかっています。そのうちの3本は東西方向に一列に並んでおり、建物を構成する柱の一部である可能性があります。もしかしたら、軟弱な地盤に建物を建てるために土地造成が行われたのかもしれません。

 青谷上寺地遺跡では、過去の調査で古代の幹線道路(古代山陰道)と土地区画(条里地割)の跡が見つかっています。古代の幹線道路沿いには役所や駅家などの重要な施設が設けられていた事例が多いため、今回の調査区周辺も古代には重要な場所であった可能性が高いと考えています。今回見つかった造成跡と建物、道路跡との関係について、今後慎重に検討を進めていきます。


土器を掘り出しているようす 土器を含む造成土が広がっているようす
 

最後に本ページの担当課    鳥取県 地域づくり推進部 文化財局 とっとり弥生の王国推進課
   住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話  0857-26-79340857-26-7934    
   ファクシミリ  0857-26-8128
    E-mail  tottori-yayoi@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000