当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

県立高等学校の授業料について

授業料等の金額


区分 

金額

授業料(年額)

入学料

入学選抜手数料

全日制

118,800円

5,550円

2,200円

定時制

32,400円

2,050円

1,000円

通信制 1単位につき336円(※)

   480円

    -
 ※平成26年度入学生は1単位につき310円

 

平成26年4月以降に入学された方

「公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律」の改正について

   「公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律の施行に平成26年4月から新制度が実施されています。

就学支援金制度とは

  •  平成26年4月以降に県立高等学校に入学される方については、原則として授業料を納付していただきます。

  • ただし、一定所得未満の世帯については(※)、申請により就学支援金が支給されるため、授業料の納付は必要ありません。                                            

   (※)道府県民税所得割額と市町村民税所得割額の合算額が 50万7,000円未満
      (年収910万円未満程度)

    [参考]平成30年6月までは、市町村民税所得割額が 30万4,200円未満
      (年収910万円未満程度)

 

  • 県立高校に在学する場合、このほかに各学校ごとに必要な経費があります。(学校徴収金)

  • 入学年度は4月と7月、2年次以降は毎年7月に書類の提出が必要です。 

・文部科学省ホームページアドレス
 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/index.htm


平成26年3月以前から在籍している方

公立高等学校の授業料無償制 平成22年4月スタート

 平成22年度から公立高等学校の授業料無償制が実施されています。社会全体の負担により生徒の皆さんの学びが支えられていることを自覚し、将来、我が国社会の担い手として広く活躍することが期待されています。

無償化とは

  • 県立高校の、全日制、定時制及び通信制に平成26年3月以前から在学する生徒は授業料を支払う必要がありません。(不徴収)
  • 県立高校に在学する場合、このほかに各学校ごとに必要な経費があります。(学校徴収金)
  • 本県においては、正規の修業年限を超えて在学している場合であっても、授業料は不徴収です。
  • 授業料の不徴収となる対象として、所得制限はありません。
  • 生徒本人や保護者の皆様に行っていただく手続きは、特にありません。

学び直しへの支援

※下記は、平成26年4月以降の入学者が対象となります。

高等学校等を中途退学した者が再び高等学校等で学び直す場合に、法律上の就学支援金支給期間である36月(定時制・通信制は48月)を経過した後も、卒業までの間(最長2年)、継続して就学支援金相当額を支給する制度です。
なお、詳しくは各県立高等学校へお問い合わせください。

学び直し支援金交付要綱(PDF114KB)
学び直し支援金事務取扱要領(PDF136KB)

授業料の減免制度について

経済的な理由などにより、授業料の納付が困難な家庭につきましては、授業料の全額又は半額を免除される制度があります。

減免の対象となる事由

  1. 火災、風水害等の非常災害
  2. 保護者が疾病、障害又は死亡
  3. 通学(定期代が1年間に85,000円以上)又は下宿等に要する費用の多額の負担
  4. 生活保護を受けている世帯
  5. 保護者が市町村民税非課税者又は均等割のみ課税されている世帯
  6. 世帯全員の総所得額が基準額に満たない世帯
  7. その他家計が困窮し、授業料の納付が困難な世帯(多額の債務は除きます。)

授業料減免となる期間

 申請された年度末まで

申請に必要な手続き

 授業料の減免を受けるためには、在学中の高等学校へ申請が必要です。
 申請に必要な書類など、詳しくは各県立高等学校へお問い合わせください。
 
<参考>
入学料及び入学選抜手数料の減免について(PDF66KB)
授業料減免願書_様式第1号(Word:18KB)
入学料減免願書_様式第2号(Word:16KB)
入学選抜手数料減免願書_様式第3号(Word:17KB)

奨学金制度等について

 県立高校に在学する場合、授業料のほかにも必要な経費があります。
 経済的な理由などにより、その納付が困難な場合には、奨学金、福祉資金等の制度も利用できます。
 申請に必要な書類など、詳しくは所管する箇所へお問い合わせください。
 鳥取県育英奨学資金・高校生等奨学給付金
 生活福祉資金
 母子父子寡婦福祉資金(鳥取県ひとり親家庭等支援サイト)