当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

福利厚生制度

 職員ひとりひとりが毎日元気に働くことができるように、健康管理、共済制度などの福利厚生を充実させています。
  

健康管理

  • 年1回の定期健康診断や人間ドックの受診
  • メンタルヘルスやハラスメントへの対策、相談など

 職員が心身ともに健康に働くことができるように、職員の健康管理を行ったり、安心して快適に業務を遂行できるような職場環境の整備を行っています。

共済制度

  • 職員やその家族の病気・ケガ・出産時の療養費の給付
  • 育児休業手当金の支給
  • 退職後の年金の支給 など

 職員が加入する共済組合は職員に対する福利厚生制度の中心です。さまざな給付・支給制度があり、在職中だけでなく、退職後もしっかりと生活をサポートしてくれます。

貸付制度

 住宅取得・増改築のための資金や臨時に必要とする資金の貸付制度があります。

職員宿舎の貸付

 県内各地に職員宿舎(単身用、世帯用)が設置されています。遠隔地へ異動となった場合でも安心です。

レクリエーション

  • スポーツ大会の開催
  • 県庁職員文化祭の開催
  • しゃんしゃん祭りの傘踊りへの県庁連の参加 など

 職員のレクリエーションのため、各種のスポーツ大会が行われます。秋の職員文化祭では文化系サークルの発表会が開催されます。
 また、真夏の鳥取の風物詩である、しゃんしゃん祭りの傘踊りには、毎年県庁連が参加し、観客のかたがたから好評を得ています。

職員らが卓球をしている写真 職員らが合唱をしている写真 職員らがしゃんしゃん祭で傘踊りをしている写真

サークル活動支援

 体育会系、文化系さまざまなサークルが活動しており、これらのサークル活動に対して助成が行われています。

職員らが走ってゴールする写真 第20回中国四国県職員親善駅伝大会の記念写真 職員らが公園で合唱している写真