当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
墓所の写真
  天文5年(1536年) 池田恒興、尾張国に生まれる。
永禄7年(1564年) 池田輝政、尾張国清洲に生まれる。十歳の時初めて織田家に仕える。
天正12年(1584) 小牧・長久手の戦において、池田恒興戦死。
天正15年(1587) 豊臣秀吉、島津義久を征伐。池田輝政、九州に従軍し、羽柴の姓を与えられる。
文禄3年(1594) 輝政、秀吉の命により徳川家康の娘督姫と結婚。
慶長5年(1600) 輝政、家康より石田三成討伐の為、福島正則とともに先陣を命じられる。
輝政、三州吉田を改めて播磨五十二万石を賜わり、姫路城主となる。
輝政の弟長吉、因幡国鳥取城に入り、六万石を領す。
慶長8年(1603) 輝政第二子忠継、備前二十八万石を領す。
慶長18年(1613) 輝政、姫路において死去。五十歳。第一子利隆が遺領を継ぐ。
元和元年(1615) 忠継死去。弟忠雄が遺領を継ぐ。
元和3年(1617) 利隆死去。池田光政、幼少につき播磨から因幡・伯耆に移封。
寛永7年(1630) 池田光仲(のち初代藩主)生まれる。
光仲 寛永9年(1632) 忠雄死去。三十一歳。忠雄第一子光仲、三歳にて父の遺領備前岡山を継ぐが、幼少により池田光政と国替、因幡・伯耆両国三十二万石を領し、鳥取城主となる。
寛永15年(1638) 光仲、将軍家光の前において元服し、従四位下侍従・相模守と称す。
慶安元年(1648) 光仲、鳥取に初入国、鳥取長寿院で東照宮三十三御神忌を実施。
寛文元年(1661) 綱清(のち二代藩主)、将軍家綱の前で元服。従四位下侍従・伯耆守と称す。
綱清 貞享2年(1685) 光仲隠居により、綱清が二代藩主となる。
光仲第二子壱岐守仲澄家(東館)、石高二万五千石(のち三万石)で分知。
元禄6年(1693) 光仲、鳥取において死去。六十四歳。因幡国法美郡奥谷村(池田家墓所)に葬る。
元禄8年(1695) 吉泰(のち三代藩主)、綱清の養子となる。
吉泰 元禄13年(1700) 吉泰、綱清のあとをうけ家督をつぐ。
光仲第五子河内守清定家(西館)、石高一万五千石(のち二万石)で分知。
宝永5年(1708) 吉泰、加賀前田綱紀の娘敬姫と結婚。
享保16年(1731) 宗泰(のち四代藩主)、将軍吉宗の前で元服。従四位下侍従・出羽守と称す。
宗泰 元文4年(1739) 因幡・伯耆両国にまたがる「元文大一揆」が起きる。
一揆の最中、吉泰五十三歳で死去。宗泰が家督をつぐ。
重寛 延享4年(1747) 宗泰三十一歳で死去。嫡子勝五郎(のち五代藩主・重寛)わずか二歳で家督相続。
寛延2年(1749) 重寛が幼少のため、幕府は鳥取藩政を視察する国目付を派遣。
宝暦6年(1756) 藩校尚徳館を創立。
宝暦9年(1759) 重寛、将軍家重の前において元服し、従四位下侍従・相模守と称す。
明和5年(1768) 重寛第三子治道(のち六代藩主)、江戸藩邸で生まれる。
治道 天明3年(1783) 重寛死去。治道、鳥取藩三十二万石を家督相続する。
天明4年(1784) 治道、将軍家治の御前で元服の式を行い、従四位下侍従・相模守と称す。
天明7年(1787) 治道第一子銀之進(のち七代藩主斉邦)、鳥取城で生まれる。
天明8年(1788) 斉稷(のち八代藩主)、江戸藩邸で生まれる。
寛政4年(1792) 用人佐々木磯右衛門、藩主治道に、次期藩主について諫言。
斉邦 寛政10年(1798) 治道三十一歳で死去。斉邦、家督相続を認められる。
寛政12年(1800) 斉邦、将軍家斉の御前で元服の式を行い、従四位下侍従・相模守と称す。
斉稷 文化4年(1807) 斉邦二十一歳で死去。斉稷、将軍の前において元服、従四位下侍従・因幡守と称す。
文化10年(1813) 斉稷、米沢城主上杉治広の三女信姫と結婚。
文化14年(1817) 斉稷、将軍家斉の十二男徳川乙五郎を養子とする。
文政7年(1824) 乙五郎、将軍家斉の前で元服、従四位上侍従に任じられ、斉衆と改名。
文政9年(1826) 斉衆、疱瘡にかかり死去。斉稷の子誠之進(斉訓)を世子とする。
斉訓 天保2年(1831) 斉訓、将軍家斉の前で元服の式を行い、従四位下侍従・因幡守と称す。
天保3年(1832) 慶行(のち十代藩主)、壱岐守仲律の長男として生まれる。
天保5年(1834) 加賀中納言前田斉泰の二男、喬心丸(のち十一代藩主慶栄)生まれる。
天保7年(1836) 天保の大飢饉。藩財政危機。
天保8年(1837) のち十二代藩主慶徳、水戸中納言徳川斉昭の五男として生まれる。
天保11年(1840) 斉訓、将軍家斉の娘泰姫との婚儀が行われ、従四位上に叙任。
慶行 天保12年(1841) 斉訓、江戸藩邸にて死去。年二十二歳。慶行、十歳で十代藩主となる。
天保13年(1842) 慶行、将軍家慶の前で元服の式を行い、従四位下侍従・因幡守と称す。
慶栄 嘉永元年(1848) 慶行、鳥取城で死去。
嘉永2年(1849) 慶栄、将軍家慶の御前で元服の式を行い、従四位上侍従・因幡守と称す。
慶徳 嘉永3年(1850) 慶栄、藩主になり初めてのお国入りの途中、京都伏見にて十七歳で死去。
幕府は慶徳に養子を命じ、従四位下侍従に叙任、相模守と称す。
慶応4年(1868) 鳥取藩は東京行幸供奉を命じられる。
明治2年(1869) 慶徳、新政府の議定に任ぜられる。
明治4年(1871) 廃藩置県により池田家は東京に移る。