当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

漁場開発室

 鳥取県沖の沖合・沿岸の海の水温・塩分や潮流を調べ、海洋環境の状況を漁業関係者などの方々にお知らせしています。また、浮魚(アジ、サバ、イワシ類、マグロ、イカ類)を無駄なく末永く漁獲する方法を提案するために試験船第一鳥取丸を用いた調査や市場調査により資源量を調べています。その他、シャーベットアイスを用いた冷却による高鮮度化及び鳥取県産魚のブランド化を推進するため魚の旬(脂ののりの調査)などを行っています。


海洋資源室

 底魚(ハタハタ、アカガレイ、ソウハチ、ヒレグロ、スワイガニ、ベニズワイガニ)を無駄なく末永く漁獲する方法を提案するために試験船第一鳥取丸を用いたトロール・かにかご調査や市場調査により資源量を調べています。
 その他、大型クラゲの来遊調査、赤潮調査を行っています。

試験船 第一鳥取丸

試験船第一鳥取丸では、鳥取県沖合海域の海と魚の状況を常に把握するために、船員11名と漁場開発室又は海洋資源室の研究員が乗船して様々な調査を行っています。

第一鳥取丸
第一鳥取丸(199トン)の主要目主要設備

海洋観測

・あらかじめ定められた海洋観測定線においてCTD(電子水温・塩分計)で水深別の水温や塩分を調べたり、潮流やプランクトンの分布などを毎月20~40の定点において調べています。

浮魚資源調査

表層トロール網でマアジの幼魚がどれぐらいいるのか調べています。

自動イカ釣り機で日本海側の各県の水産研究機関と共同でスルメイカが日本海にどれぐらいいるのかをを使って調べています。

底魚資源調査

着底トロール網でズワイガニ(松葉がに)やハタハタなど鳥取特産の水産物がどれぐらいいるのか調べています。