大型クラゲ情報

  【令和3年度大型クラゲの来遊状況等】

 大型クラゲ(エチゼンクラゲNemopilema nomurai)は、現在(令和3年7月30日)のところ、鳥取県沿岸への来遊は確認されていません。しかし、7月26日には第一鳥取丸での海洋観測において、隠岐北北東の約25マイルにて傘径60cm1個体を目視にて確認しました。

 また、7月29日には、兵庫県で今年度初確認の報告があり、長崎県対馬では7月19日に定置網で最大1000個体/日の入網が報告されています。

 今後の状況にご注意をお願いします。

 

●大型クラゲ出現情報●

JAFIC 一般社団法人 漁場情報サービスセンターの大型クラゲ情報(下記URL)をご覧ください。

http://www.jafic.or.jp/kurage/

国立研究開発法人水産研究・教育機構の型クラゲ情報(下記URL)をご覧ください。

http://www.fra.affrc.go.jp/kurage/index.html

 

●鳥取県水産試験場の来遊状況把握手法●

1 標本船調査

 8月~11月の4カ月間、賀露地区、境港地区の小型底びき網漁船各1隻に標本船調査をお願いしています。大型クラゲ入網時等には、ファクシミリで情報提供いただけるようにしています。

2 試験操業等の第一鳥取丸での調査

 海洋観測や着底トロール網による試験操業等で、確認された場合は、この情報を関係機関に提供します。

 

○7月26-27日に実施した8月海洋観測で表層を遊泳しているエチゼンクラゲ1個体(傘径60cm)を確認しました。
 日時:2021年7月26日午後5時30分
 場所:北緯36度40分、東経132度58分 (隠岐の北北西の水深200m)

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000