当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
メンテナンスのため、10月4日(日) 8時45分~14時10分(予定)の間、閲覧できない状態が数回発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

大型クラゲ情報 New!

  【令和2年度大型クラゲの来遊状況等】
  大型クラゲ(エチゼンクラゲ・Nemopilema nomurai)は、近年、鳥取県への来遊量は少なく、大きな漁業被害はない状況が続いていました。
  今年は、7月下旬より山陰沖で確認されだしています。
  今後、定置網等への入網の可能性もあることから、今後の状況に注意をお願いします。

1 目撃情報1【8月20日:(国研)水産研究・教育機構 対馬海峡東水道フェリー目視調査】
 8月18日<博多⇒対馬> 大型クラゲの出現は確認されませんでした。

 8月19日<対馬⇒博多> 大型クラゲの出現は確認されませんでした。

2 目撃情報2【9月23日:(一社)漁業情報サービスセンター】
 東シナ海~太平洋の全域で分布が確認されています。海域によってはまとまった出現も見られています。特に、東シナ海の底曳で依然まとまった入網がある模様で、今後も後続がある可能性が高いと思われます。2007年に10月に入ってから大量出現が始まった例があります。今年は先端の第1波は薄群で非常に早かったのですが、第2波は濃密でやや遅い出現で2007年と似た傾向となっています。10月以降も北部九州、山陰とも、十分に警戒してください。山陰以東も今後増加すると予想されます。十分注意してください。

 

 

3 鳥取県での最新目撃情報等
○9月11日 小型底びき網

   北条から赤碕沖 水深100メートル
           傘径80センチ 1~5個体入網

○9月10日 栽培漁業センタートロール調査

   宇谷沖(泊漁港西側) 水深20メートル
              傘径70センチ 1個体入網

○9月9日 試験船おしどり

   酒津沖(沿岸潮流観測ブイ) 水深約50メートル
                 傘径40,100センチ 各1個体目視

○8月17~18日  試験船「第一鳥取丸」 トロール調査 30分曳網

   白島沖 水深約210~240メートル
       緯度 36度41分~36度44分、経度 133度06分~133度13分
       傘径60~110センチ 一曳網あたり3~5個体入網

   中江沖 水深約190~230メートル
       緯度 36度20分~36度30分、経度 132度47分~132度55分
       傘径80センチ 一曳網あたり8個体入網

4 今後の予定
 ○8~11月まで沿岸の小型底びき網漁船による標本船調査を行います。
 ○水産試験場の漁業調査船「第一鳥取丸」で底曳網トロール調査等で大型クラゲの入網状況を確認します。

【大型クラゲ関係情報】
 大型クラゲの被害を最小限に食い止めるため、全国規模で共同調査、クラゲ分布情報等を共有しています。
 窓口は、水産研究所、漁業情報サービスセンタです。常に、日本周辺の最新の情報が更新されています。こちらをご覧ください。

 ・最新の大型クラゲ調査及び研究情報 →日本海区水産研究所    

 ・最新の大型クラゲ出現情報     →(一社)漁業情報サービスセンター

   ・最新の大型クラゲ情報(広報関係) →国立研究開発法人 水産研究・教育機構  


  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000