当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

木材利用研究室

県産材の利用拡大に関する研究

                              

試験研究
課題名

財源  

写真

 研究内容

(1)とっとりの新しいCLTの製造・利用技術の確立

(H31~R3)

国・県  CLT  厚板を原材料としたCLTの製造技術を確立する。また、製品の構造性能を明らかにすることで建築での利用方法を提案する。

(2)防火・防炎性を付与したLVL内装材の開発

(H31~R3)

国・県  LVL  LVL内装材に適した防火・防炎性を付与するため、薬剤の種類、処理方法等を検討し、製造技術を確立する。

 (3)県産材の建築用途を拡げるJAS規格材の利用技術に関する研究

(R2~R6)

国・県  

 県産材の機械等級区分製材としての性能分布や接合性能を明らかにし、中規模建築や非住宅での構造設計に役立つ基礎資料とする。

(4)樹齢に応じた「県産スギ材の良さ」に関する研究(R2~R6)

国・県  

 適材適所での利活用の推進による県産スギ材の付加価値販売を目標に、県産スギ材の樹齢に応じた材質特性(良さ)を数値的に明らかにする。

(5)燃料チップの地域内安定供給体制整備のための研究(R2~R4)

           

国・県

 チップ原木の簡易な含水率判定手法開発と山土場等で実施可能な原木乾燥手法のマニュアルを作成する。
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000