当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

組織と沿革

組織

 

H26組織図

沿革

1995年

【昭和30年】

 9月 

鳥取市立川町に鳥取県林業試験場開場

(庶務係、施業部、改良部)

 1959年

【昭和34年】

 4月   施業部を経営部、改良部を造林部に改称。

 1962年

【昭和37年】

 9月   部制を科制に改組。(庶務係、経営科、造林科)

 1970年

【昭和45年】

 4月  庶務係を総務課に改称。 

 1975年

【昭和50年】

 4月   林木品種改良事業を当場に移管。

 1976年

【昭和51年】

 5月   育種科を新設。(1課3科制)

 1980年

【昭和55年】

 4月  保護科を新設。(1課4科制)

 1980年

【昭和55年】

 6月

林業試験場を八頭郡河原町稲常に新築移転。

 1995年

【平成7年】

 4月

科制を室制改組し、1課4室制となる。

(総務課、森林造成研究室、林業生産研究室、

森林管理研究室、木材加工研究室)

 1995年

【平成7年】

11月   木材加工研究棟を新築。

 2004年

【平成16年】

11月  河原町が鳥取市に編入合併。

 2005年

【平成17年】

 4月

 4研究室を2室に統合改組。

(森林管理研究室、木材利用研究室)

 2008年

【平成20年】 

 4月

 組織改正により、「鳥取県農林水産部農林総合研究所

林業試験場」となる。

 2014年

【平成26年】

 4月   組織改正により、「鳥取県林業試験場」となる。

 2017年

【平成29年】

 3月   とっとり林業技術訓練センター「愛称:Gut Holz」を新設

 2018年

【平成30年】 

 3月  木材環境研究棟を新設

場内配置図