砂浜を守る取り組み(サンドパック工法)について

”浜がけ(浜崖)”の発生状況

鳥取県には、浦富海岸や白兎海岸をはじめとした美しい砂浜を有する貴重な自然海岸が数多くあります。
しかし、砂浜は極めて脆弱であり、冬季や台風の大波で海岸がえぐられる”浜がけ(浜崖)”が発生しています。
そこで、浜がけの進行を防ぐため、『サンドパック』による対策を導入しています。
  

サンドパックとは

 『サンドパック』とは、養浜用材料となる砂を土木用繊維(ポリエステル、ポリプロピレン)でできた大型の布袋に入れた大型の"土のう“のようなものです。

 これを汀線付近に設置する工法を『サンドパック工法』といい、サンドパックにより、背後の砂が波により持ち出されにくくなり、前面にできる段差は人の腰くらいの高さに抑えることができます。

1111111

  

サンドパック工法の試験施工

 【施工場所】

a

b

c

  

【サンドパックの設置方法】(浦富地区海岸での試験施工の様子(平成30年施工))

1 (1) 仮設土のう設置、床堀り  (2) 洗掘防止シート敷設 (3) サンドパック敷設 (4) サンドパック充填  (充填用サンドポンプ) (5) 補足充填、天端仕上げ (6) アンカーチューブ工 (本体工完成) (7) 袋詰砂工(端部処理) (8) 埋戻し(完成)

  

最後に本ページの担当課    鳥取県 鳥取県土整備事務所
    住所  〒680-0061 鳥取県鳥取市立川町6-176
   電話 0857-20-36400857-20-3640        ファクシミリ   0857-20-3598
      E-mail   tottori_kendoseibi@pref.tottori.lg.jp
    佐治川ダム
   
住所 〒689-1324 鳥取県鳥取市佐治町尾際1211-3
    電話   0858-88-02300858-88-0230
         ファクシミリ  0858-88-0130

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000