当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

医療的ケア児等とその家族に、鳥取の大山でキャンプの体験を!

 鳥取県では、医療的ケア児等とその兄弟姉妹を対象として、令和元年9月に名峰「大山」でキャンプを開催します。

 日常生活において制約を受けることの多い子どもたちに、大自然の中で思いっきり楽しむ経験の場をプレゼントしたい。また、日ごろ子どもの介護を常時行っている保護者に休息の時間をとってもらいたい。そんな思いから、大山キャンプを企画しました。

※医療的ケア児とは、人工呼吸器や胃ろう等を使用し、たんの吸引や経管栄養などの医療的ケアを日常的に必要とする子どものことです。

 このキャンプは、ふるさと納税型クラウドファンデングを活用して、必要な費用の一部を皆様からの寄附によって実施します。

 医療的ケア児等について知っていただき、ぜひ、ご賛同くださいますようお願いいたします。

 寄附はこちらReadyforふるさと納税からお願いします。

(※外部リンク先のページが開きます。)     

 

 

背景、目的

○医療技術の進歩により、助かる命が増えたことは喜ばしいことです。その一方で、体に重たい障害が残ったり、人工呼吸器の装着やたんの吸引などの医療的ケアを必要とする子どもたちが増えてきました。この子どもたちは、日常的に医療的ケアを必要としますが、体調が整えば長期入院せず、早期に退院して自宅で生活しています。

○医療的ケアの必要な子どもたち(医療的ケア児)は、健常児が通常経験できる社会生活体験を得にくいなど、制約を受けて生活をしています。また、医療的ケア児の日常ケアのほとんどは保護者が行っており、介護のための時間的拘束や夜間の介護等、大きな負担を抱えています。なお、兄弟姉妹がいる場合、兄弟姉妹に十分な時間をかけてかかわることができにくい現状もあります。

○そこで、医師等が同行したキャンプを実施することで、医療的ケア児等やその兄弟姉妹に大自然での様々な体験を楽しんでもらうとともに、保護者の身体的負担の軽減を図ります。

事業内容

 医療的ケア児等を対象にしたキャンプ(2泊3日)を鳥取県の名峰「大山」で行います。

●対象:医療的ケア児、重症心身障がい児、難病児及びその兄弟姉妹

●支援者:医師、看護師、保育士、介護士、ボランティア

     ※キャンプ中は、支援者が対象者に付き添います。

スケジュール

 令和元年9月21日(土)から23日(月・祝)まで。

《1日目》

午後1時

開会式
午後1時15分  

オリエンテーション、大広間で遊ぼう(ボール紙プール、

プレイパラシュート、段ボールハウス、運動会応援グッズづくり、

ジェンガ、黒ひげ、動画鑑賞など)

午後6時 夕食(バイキング)
午後7時 花火
午後9時 就寝(児童就寝後、午後11時まで保護者交流会)

《2日目》

午前7時30分 朝食 
午前9時30分 運動会 
 正午 昼食 
 午後3時40分  バルーンアート(ゲスト:さと原人)
 午後6時  夕食(バイキング)
 午後7時10分  楽しい音楽会・劇
 午後9時  就寝

《3日目》

午前7時30分 朝食 
 午前9時  閉会式
 午前10時  解散

寄附のしくみ(クラウドファンディング型ふるさと納税)

 大山キャンプに対する個人様からの寄附金は「ふるさと納税」の対象となります。

 ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。

 全額控除される寄附金額には、収入や家族構成等に応じて一定の上限がありますので、ご確認ください。

 例えば、30,000円を寄附した場合、還付又は住民税からの控除額は28,000円となり、実質負担額は2,000円となります。

 なお、目標金額を上回る寄附があった場合、寄附者様の御意向に沿うよう、このたびの取組に関係する県の事業に充当させていただきます。

 寄附先はこちらReadyforふるさと納税(※外部リンク先のページが開きます。)     

 

目標金額

 
目標金額 金1,700,000円 
 2泊3日のキャンプに必要な金額248万円のうち、対象者(15名)及び支援者(30名)の宿泊費、食費、イベントの会場費、移動にかかる費用等を算出しています。

寄附していただいた方への記念品

 寄附をしてくださった方には、キャンプの様子をまとめた冊子・DVD・子どもたちと作成したお手紙をお送りします。