社会を明るくする運動

社会を明るくする運動について

1 概要

(1)運動の趣旨 

すべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない安全で安心な明るい社会を築こうとする全国的な運動。

(2)実施期間

7月を"社会を明るくする運動"~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~強調月間とする

(3)実施主体(県内)

第70回"社会を明るくする運動"鳥取県推進委員会
(委員長 鳥取県知事 平井 伸治)

(4)運動の概要

この運動に対する理解を深めるため、強調月間には、ラジオ、新聞、広報紙、ポスター、懸垂幕等による広報を行う。また、小中学生を対象とした作文コンテストの実施、矯正展等を開催(法務省主唱)

※鳥取県内における強調月間(7月)中の接触型の広報活動(街頭広報活動、シンポジウム、民集会等)については、中止又は延期しています。最新情報については、お問合せください。
 <問合せ先>
  第70回"社会を明るくする運動"鳥取県推進委員会事務局
  TEL:0857-22-3518 FAX:0857-37-0498

(5)行動目標

・犯罪や非行を防止し、安全で安心して暮らすことのできる明るい地域社会を築くこと
・犯罪や非行をした人が再び犯罪や非行をしないように、その立ち直りを支えること

(6)力を入れて取り組むこと

・犯罪や非行をした人の立ち直りを支え、再犯を防止することの大切さや、更生保護の活動について、広く知ってもらい、理解を深めてもらうための取組
・保護司、更生保護女性会会員、BBS会員、協力雇用主等の更生保護ボランティアのなり手を増やすための取組
・犯罪や非行の防止や、犯罪や非行をした人の立ち直りには様々な協力の方法があることを示し、多くの人に支え手として加わってもらうための取組
・民間協力者と地方公共団体と国との連携を強化しつつ、犯罪や非行をした人が、仕事、住居、教育、保健医療・福祉サービスなどに関し必要な支援を受けやすくするためのネットワークをつくる取組
・犯罪や非行が起こらないよう、若い人たちの健やかな成長を期する取組

2 第70回"社会を明るくする運動"作文コンテスト

(1)趣旨

本作文コンテストは、次代を担う全国の小・中学生の皆さんに、日常の家庭生活、学校生活の中で体験したことを基に、犯罪・非行のない地域社会づくりや犯罪・非行などに関して考えたこと、感じたことを作文に書くことを通じて、本運動に対する理解を深めてもらうことを目的としています。

(2)主催
   第70回"社会を明るくする運動"鳥取県推進委員会

(3)後援

鳥取県教育委員会、鳥取県保護司会連合会、更生保護法人鳥取県更生保護観察協会、鳥取県更生保護女性連盟、鳥取県BBS連盟

(4)応募規定
 ○応募資格:鳥取県内の小学校及び中学校に在学する児童・生徒
 ○テーマ(内容)

"社会を明るくする運動"の趣旨を踏まえ、日常の家庭生活、学校生活の中で体験したことを基に、犯罪・非行のない地域社会づくりや犯罪・非行をした人の立ち直りについて考えたこと、感じたことなど

 ○原稿の枚数:400字詰め原稿用紙3~5枚程度
 ○ 応募方法等

別添実施要領に記載の「審査基準」を参考にして、各学校で審査の上、優秀作品3作品(甲乙つけがたい場合は、プラス1作品)を応募してください。出品する作品には、別添実施要領の別紙「応募票」を必ず添付してください。

 ○応募締切:令和2年9月11日(金)

 ○応募先及び本コンテストに関する照会先
   〒680-0842 鳥取市吉方109 鳥取保護観察所企画調整課内
   第70回"社会を明るくする運動"鳥取県推進委員会事務局
   Tel 0857-22-3518  FAX 0857-37-0498

 ○第70回゛社会を明るくする運動”作文コンテスト鳥取県実施要領

  作文コンテスト実施要領

3 第70回″社会を明るくする運動"県内主要行事一覧

 ※第70回については、上記問合せ先にお問合せください。

4 参考

法務省HP「社会を明るくする運動」概要

5 県内の更生保護活動を行う団体紹介

県内で更生保護活動を行う団体の紹介

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000