当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
鳥取療育園のホームページ
 サーバのメンテナンスのため、9月21日(土) 0時~23日(月)18時の間、とりネットの一部コンテンツがご利用いただけません。詳細は、お知らせをご覧ください。

姿勢~抱っこの仕方~

医療型児童発達支援「きらり」では姿勢のとり方ってどうするの?」というテーマで勉強会をしました。理学療法士が担当し、抱っこの仕方や姿勢の評価のポイント、脱臼や側わんについて、スライドや骨の模型を使ってお話しました。

抱っこの仕方について

お子さんに合った抱っこの仕方を知っていただくことで、より良い発達を促したり、脱臼や変形を予防することも可能です。
良い抱っこの仕方のポイント

良い抱っこをする利点                   

側わんについて

成長期に起こしやすい変形のひとつに側わんがあります。
側わんの影響を説明しました。
側わんがおこると困ること

 

まとめ

まとめとして、24時間姿勢ケアの考え方があります。
日頃の抱っこの仕方を見直しながら、子どもの発達を促したいと考えています。

勉強会のまとめのスライド

  

最後に本ページの担当課    鳥取県立鳥取療育園
    住所 〒680-0901
             鳥取県鳥取市江津260
    電話  0857-29-88890857-29-8889    
    ファクシミリ  0857-29-9300
    E-mail  ryoikuen@pref.tottori.lg.jp