当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

咬傷事故

人が犬に咬まれた時は

まずは医療機関を受診するなど,傷の手当てを最優先に行ってください。
犬の所有者が分かっている場合は,その所有者へ県各事務所(保健所)へ連絡するよう伝えてください。
犬の所有者が不明の場合は,お手数ですが事故の状況を県各事務所(保健所)へ連絡してください。

飼い犬が人を咬んだ時は

 「鳥取県動物の愛護及び管理に関する条例」により、飼い犬が人の生命又は身体に害を与えたときは、以下の措置をとることが義務づけられています。

  1. 適切な応急処置を行う。
  2. 新たな事故の発生防止措置をとる。
  3. その事故及びその後の措置について、直ちに知事に届け出る。
  4. 直ちに狂犬病の疑いの有無について獣医師に検診させる。

 飼い犬が人を咬んだ場合には,直ちに各事務所(保健所)へお問い合わせください。