PM2.5情報

 鳥取県のPM2.5の測定結果は、鳥取県の大気環境の状況で随時、公開しています。
  

PM2.5とは?

  PM2.5(微小粒子状物質)は、大気中に浮遊する粒子状物質のうち、粒径が2.5μm(=0.0025mm)以下の微細な粒子の総称です。

健康への影響は?

 呼吸器の奥深くまで入り込みやすいことから、人への健康影響が懸念されており、平成21年9月に「1年平均値が15μg/m3(=0.015mg/ m3)以下であり、かつ、1日平均値が35μg/m3(=0.035mg/ m3)以下であること」が環境基準として定められました。

鳥取県での測定は?

 本県では、平成23年度に鳥取市、平成24年度に米子市、平成25年度に倉吉市、境港市において測定を開始しました。(平成30年度から鳥取市での測定業務は、県から市に移管されました。)
 PM2.5測定地点図        機器の写真
                             測定地点                測定機器

測定結果の概況は?

 平成23~27年度は、いずれも年間平均値が環境基準(15μg/m3)を超過していましたが、平成28~29年度は環境基準を達成していました。
 最新の結果は、鳥取県の大気環境の状況でご覧いただけます。

   PM2.5の推移グラフ

関連リンク

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000