当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
鳥取県中部圏域の中核病院として、県が運営している病院です。
検索

患者様へのお願い

 当院では、入院患者様、外来患者様に安心して治療を受けていただくために、医療事故防止に努めております。
 しかしながら、医療事故防止は当院をご利用いただく皆様のご理解とご協力が不可欠です。
 患者・家族の皆様をはじめとして、当院をご利用いただく皆様にも安全対策にご参加いただき、医療安全の確保に努力していきたいと考えております。

1.患者間違いを防ぐために

「お名前を教えてください。」

 院内では、ご本人であることを確認するために、様々な場面で患者様に「お名前」や「生年月日」をお聞きします。
お名前確認
 例:看護師「お名前を教えてください。」
    → 患者様「厚生太郎です。」
   看護師「生年月日を教えてください。」
    → 患者様「昭和30年8月23日です。」

「リストバンドの装着にご協力ください。」

リストバンド 当院では、入院患者様にはリストバンドを装着していただき、リストバンドと電子カルテによる患者認証を行っております。
手術、検査、注射、処置など、入院生活での様々な場面でリストバンドを活用しています。
 ただし、皮膚の弱い患者様の場合は、リストバンドによる皮膚の発赤や発疹等の皮膚トラブルが発生する場合がありますので、そのような場合はいつでもお申し出下さい。

2.ベッドからの転倒・転落を防止するために

「離床センサー・抑制帯を装着させていただいてもいいですか。」

 慣れない入院環境、つらい治療など、入院生活は住み慣れた家庭環境とは異なります。環境の変化に加え、病気やケガによる体力の衰え・運動機能の低下などにより、思いがけない転倒やベッド等からの転落の危険性があります。
 転倒・転落による打撲やケガにより、運動障害や意識障害をきたし入院期間が延長することは患者様にとっては、ますますつらい状況になってしまいます。
 転倒・転落の他にも、治療上必要な点滴やチューブなどを患者様自らが抜いてしまわれる場合もあります。
 こうした状況においては、患者様の安全と治療の継続を第一と考え、ご家族の了承を得て、ベッドを工夫する、離床センサーを装着する、抑制帯を使用する、など必要と思われる対策をとらせていただく場合があります。

 転倒・転落の危険性を十分ご理解いただき、安全対策にご協力をお願いします。

3.院内感染防止のために

「当院では、入院患者様への面会を制限させていただいております。」

 患者様の療養環境を整え治療に専念していただくこと、また院内への感染症の持ち込みを防止し、安心して療養していただくために、面会を制限させていただいております。
 詳しくは、「面会・お見舞い」をご覧ください。

「手洗い・手の消毒にご協力ください。」

手洗い、手の消毒  当院は急性期の患者様や重症の患者様が多数入院しておられます。こうした患者様は、病気や治療により抵抗力が著しく低下し、感染症に罹りやすい状態になっておられます。
 このような患者様を感染から守るため、また市中からの感染症の持ち込みを予防するために、患者様・ご家族をはじめ、当院をご利用いただく皆様に「手洗い」や「手の消毒」をお願いしております。

 外来では、各外来の窓口に、病棟では、各病室の入口に「手指消毒薬」を設置しておりますので、いつでもお気軽にお使い下さい。

4.院内へは、危険物の持ち込みはご遠慮ください。

患者様に危害を及ぼす可能性のあるものは持ち込まないようお願いしています。
「ハサミ・ナイフ・カッター」などの危険物は持ち込まないようお願いします。
危険物の持ち込み禁止