当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

猫を飼い始める方へ

猫を飼う前に

猫を飼う前に、まず次のことを家族全員でよく話し合ってください。

  • あなたの住まいでは猫が飼えますか。周囲の環境はどうですか。
  • 猫の寿命は10年以上です。将来のことも考えていますか。終生飼育できる心構えがありますか。
  • 毎日の食費だけでなく、病気をしたときの治療費、不妊・去勢手術などの費用を負担できますか。
  • 子どもたちの要求に、押し切られていませんか。

飼う日に注意すること

  • 猫は、環境がかわると、落ち着くまで時間がかかります。しばらく鳴き続けることもありますが、しかったりせず、しばらく自由にさせてください。
  • グルーミング(毛づくろい)をはじめたら、安心した合図です。
  • 猫用のベッドで休み始めたら、静かに休ませておいてやりましょう。無理に遊んではいけません。

※近いうちに、必ず動物病院で健康診断を受けましょう。

これだけは守りましょう。

  • 飼い猫であることがわかるように首輪をつけ、名札などをつけましょう。
  • 首輪がない場合、野良猫との区別が付きません。
  • 猫は犬と違い、現状では登録が義務付けられていません。万が一の時のために迷子札を首輪につけておくと、ほぼ確実に飼い主の元に戻ることができます。

愛情と責任をもって、最後まで飼いましょう。

  • 猫の放し飼いによる苦情は数多くあります。屋内で飼いましょう。
  • 猫の習性、生理を理解し、近所迷惑にならないよう気を配らなければなりません。
  • どうしても飼えなくなってしまったら、新しい飼い主を探しましょう。
  • 無責任に捨てたりしないでください。
  • 産まれてくる子猫を飼えない場合は、不妊・去勢手術を受けさせましょう。

お問い合わせ先

くらしの安心推進課くらしの安全担当
 【電話】0857-26-7877