当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
消防学校のホームページ

消防学校の概要

 県下の消防職員及び消防団員に対し、複雑多様化する災害に即応できる専門的、かつ高度な消防防災に関する教育訓練を行うほか、広く県民に対し防災思想の普及を図るために、昭和58年4月27日に開校しました。
                                    
  

鳥取県消防学校「広島・福岡研修旅行」業務の制限付一般競争入札の実施 New!

  令和元年度鳥取県消防学校「広島・福岡研修旅行」業務の一般競争入札を実施します。

詳細は、調達公告、入札説明書、仕様書をご覧ください。

入札方法
 制限付一般競争入札

調達公告日
 令和元年7月19日(金)

質問受付期限
 令和元年7月23日(火)午後5時

事前提出書類受付期限
 令和元年7月29日(月)午後5時

入札・開札日及び場所(紙入札)
日時:令和元年8月2日(金)午前10時
場所:鳥取県米子市流通町1350
   鳥取県消防学校

関係文書
 ○調達公告【調達公告(制限付一般)】
 ○入札説明書【入札説明書(制限付一般)】
 ○提出書類等【様式第1~4号】
 ○仕様書【研修旅行仕様書】

   ○行程表【行程表】

消防職員特別教育ホットトレーニング2日間コース(第23回)

 令和元年5月30日(木)~31日(金)消防職員特別教育ホットトレーニング2日間コースを実施した。火災性状を体験的に学び、フラッシュオーバー発生の兆候を認識することができた。今回は2日間コースでの開催で、今まで以上に充実した実火災体験型訓練が実施できた。

  

  

  

消防職員初任総合教育第4期ポンプ車操法訓練実施

 令和元年5月23日(木)から5月29日(水)ポンプ車操法を実施した。安全・確実・迅速な消防活動を目的とした指揮命令・伝達・役割分担を理解すること。さらに各班リーダーを中心に主体的訓練によりチームワークの形成を図った。

 

 

          

令和元年度消防団員特別教育消防操法指導科(第42期)

 令和元年5月11日(土)から12日(日)、消防操法指導における指導的立場にある消防団員の教育訓練を実施した。指導要領に関する心構えを学生同士で検討することで指導方法の充実化を図り、消防ポンプ操法の基礎訓練を実施し基本手技の重要性を再認識した。

 

 

平成31年度消防団員基礎教育(第72期)

平成31年4月20日(土)~21日(日)、地域防災の中心である消防団員の基礎教育を実施した。災害対応の原点は「地域」であることを認識するとともに、魅力ある消防団員となるための訓練礼式や消火活動訓練、さらに、地域防災力の充実強化を図るためドローンを使用した災害対応訓練を実施した。

 

 

平成31年度消防職員初任総合教育(第4期)入校式

   平成31年4月4日(木)、消防職員初任総合教育(第4期)の入校式を実施した。
消防の責務を正しく理解させ、消防業務の基礎的な知識及び技術を習得させるとともに、気力・体力の錬成を図り、有能な消防職員を育成。併せて救急隊員の行う応急処置等の専門知識及び技術を修得させることを目的とし、30名の入校学生は約7か月半の厳しい教育訓練のスタートを切った。鳥取県消防学校校訓に従い消防精神の更なるかん養を図るとともに職務を遂行する為、必要な人格・知識・技能の研鑽に精励することを全員で誓った。
一、  責務の完遂
一、  厳正な規律
一、  和衷共同
一、  日々鍛錬
一、  創造性の発揮
一、  誠実公正

平成30年度消防職員幹部教育中級幹部科(第8期)

 平成31年2月19日(火)から28日(木)、消防行政の動向を理解し、迅速かつ的確な意思決定により、上司の補佐及び部下の指揮監督を行い、組織を管理運営できる知識と人格を養成することを目的とし、消防職員幹部教育中級幹部科(第8期)を実施した。

     

     

平成30年度消防団員幹部教育指揮幹部科(第3期)

平成31年2月9日(土)~2月11日(月)、大規模災害における指揮者としての職責を自覚し、団員の指揮監督に必要な知識を修得させることを目的に消防団員指揮幹部科(第3期)を実施した。

  

 

 

平成30年度消防職員特別教育違反是正コース(第3回)

 平成31年2月5日(火)~2月7日(木)、違反対象物に対する違反是正、違反公表制度、根拠法令など違反処理事務の修得を目的に消防職員特別教育違反是正コースを実施した。

  

平成30年度消防職員専科教育予防査察科(第8期)

平成31年1月16日(水)~1月30日(水)、消防用設備の諸基準、建築物の規制、防火管理、査察、違反処理など予防業務遂行上必要な知識及び技術の修得を目的に消防職員専科教育予防査察科第8期を実施した。

   

    

県民防災教育

~消防学校で防災行動力を身につけよう!~

 大震災発生による震災時には、同時に多くの火災や救助、救急事象が発生し、道路の寸断や建物なとの倒壊、断水や停電により防災関係機関の活動が制限されることが予想されます。その為、地域でさまざまな分野の住民や事業所など、県民一人ひとりが防災行動力を身につけ「自分たちの町は自分たちで守る」という意識を持って災害に立ち向かうことが必要になります。
 このような場合に備え、消防学校では県民一人ひとりの防災力行動力向上を目標に、平成19年度より県民防災教育を強化します。
 一日体験入校として受付ます。また、現地に出向いて地元消防団員とともに講習等を行う消防学校出前講座も併せて受付けますのでどしどし御連絡ください。 詳しくはこちら

問い合わせ先

鳥取県消防学校
住所〒689-3547鳥取県米子市流通町1350
電話0859-27-0353
ファクシミリ0859-27-5972
E-mail:shobogakko@pref.tottori.lg.jp
  

最後に本ページの担当課    鳥取県消防学校
   住所 〒689-3547
            鳥取県米子市流通町1350
   電話  0859-27-03530859-27-0353    
   ファクシミリ  0859-27-5972
   E-mail  shobogakko@pref.tottori.lg.jp