健康政策課のホームページ

フレイル予防対策事業

2月は「フレイル予防月間」

鳥取県は、県独自に2月を「フレイル予防月間」に位置づけ、全世代に向けてフレイル予防の啓発に取り組みます。

月間中は、県内各地域でフレイル予防のための様々な取組が行われます。

 >>取組一覧 (pdf:117KB)

  

鳥取方式フレイル予防フェア(フェアは終了しました)

フェア当日の動画

なしイラストリーダー任命式・講演の閲覧はこちらから>>>任命式・講演(とっとり動画ちゃんねる)

なしイラストトークセッションの閲覧はこちらから>>>トークセッション(とっとり動画ちゃんねる)

フェアの様子

☆任命式の様子

元プロ野球選手の川口和久さんを「現役を伸し、に活躍するしい現役時代のリーダー」として、

『シン・現役世代リーダー』に任命しました!!

任命式(写真)任命式(写真)写真

☆講演・トークセッションの様子

講演の様子(写真)トークセッションの様子(写真)

☆体験ブースの様子

体験ブース(写真)体験ブース(写真)体験ブース(写真)体験ブース(写真)

 

タイトル

フレイルの予防方法について楽しく学ぶイベントを開催します。是非お越しください。

 鳥取方式フレイル予防フェアチラシ (pdf:970KB)

日時・会場

令和6年2月4日(日)12時30分~16時

ハワイアロハホール(湯梨浜町はわい長瀬584)

※入場無料、申込不要

内容

なしイラスト講演  13時25分~13時50分

「鳥取県の健康寿命が大ピンチ!~人生百年時代はフレイル予防から~」

 講師:鳥取大学医学部 中村廣繁 先生

なしイラストトークセッション  14時~14時50分

 元プロ野球選手の川口和久さんの健康の秘訣を、鳥取大学医学部の教授陣が各専門分野の知見をもとに、楽しく聞き出します。

なしイラスト体験ブース  12時30分~13時50分、14時50分~16時

 フレイル予防の3つのポイント「社会参加」「栄養・口腔」「運動」に関する測定やチェックを体験できます。

 ・脳年齢、骨密度の測定
 ・咀嚼力、食生活チェック、試食
 ・健康相談
 ・グラウンド・ゴルフ体験(※天候により中止することがあります) など 

<協力団体>

 鳥取大学医学部、県栄養士会、県歯科医師会、県理学療法士会、県作業療法士会、県看護協会、山陰言語聴覚士協会、鳥取県グラウンド・ゴルフ協会

★アンケートラリーを実施!参加者には素敵な景品をプレゼントします。

★さらに、ウォーキングアプリ「aruku&」(あるくと)の当日歩数6000歩以上を提示した参加者に素敵な景品プレゼント!

  

フレイルとは

フレイルとは、年をとって身体や心の働き、社会的なつながりが弱くなった状態を指します。健康と要介護の中間の状態であり、そのまま放置すると要介護状態になる可能性があります。フレイルは、進行する(要介護状態へと移行する)だけでなく、健常な状態に戻ることが可能です。年齢に関わらず、ちょっとした工夫が予防や改善につながります。

図示

  

フレイルを予防するためには

フレイル予防のポイントは、「社会参加」、「栄養・口腔」、「運動」です。

具体的にはどのようなことをすればよいのでしょうか?以下を参考にしてみてください。

 《社会参加》なしイラストペア(複数人)で楽しく活動しようなしイラスト

 ★家族や友人、近所の人との交流

 ★趣味やボランティアでの交流

 ★職場での交流

《栄養・口腔》なしイラストむし歯なし、好き嫌いなし、病なしなしイラスト

 ★主食・主菜・副菜をそろえて

 ★塩分控えめ、野菜は多め

 ★水分補給もお忘れなく

 ★食後の歯磨きをしよう

 ★歯科検診を受けよう

《運動》なしイラスト適度な荷重で、シャキシャキ動こうなしイラスト

 ★毎日、男性は8000歩、女性は7000歩を目安に歩く

 ★30分以上の運動を週2回以上する

 ★今より1日10分多く体を動かす

  

最後に本ページの担当課    鳥取県福祉保健部
             健康医療局 健康政策課

    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-72270857-26-7227    
    ファクシミリ  0857-26-8726
    E-mail  kenkouseisaku@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000