農産物安全に関すること

 

 牛ふん堆肥中のクロピラリドが原因と疑われる園芸作物等の生育障害の発生への対応について

 クロピラリドが原因と疑われる生育障害の発生事例が散見されることから、別添のとおり被害発生の防止及び生育障害が発生した場合の対策のための関係者による取り組みが強化されました。
 クロピラリドについては、家畜や人に対する毒性は低く、また、時間が経てば家畜の体内からほとんど排出されるため、輸入粗飼料に残留したクロピラリドが原因となって、家畜自身やその畜産物を摂取した人に対して健康被害をもたらすことはないと考えられることを申し添えます。

  

農林水産省からの通知(一部改正)(PDF 57KB)

別添1(PDF 534KB)

別添2(PDF 346KB)

別添3(PDF 31KB)

別添4(PDF 168KB)

新旧対照表(PDF 152KB)

通知改正溶け込み版(PDF 788KB)

 

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000