豚熱関連情報

豚熱について

〇豚熱は豚やイノシシが感染する病気で、伝染力が強く、致死率が高いことが特徴で、家畜伝染病予防法で家畜伝染病に指定されていますが、人に感染することはありません。

 

〇適切に処理されたイノシシ肉は安全ですが、必ず十分に加熱処理をしてお召し上がりください。

 

県内における野生イノシシの豚熱感染確認区域

■鳥取県内における豚熱感染確認区域(確認地点から半径10キロ圏内) (令和6年5月23日時点)

 豚熱感染確認区域(東部)  (jpeg:601KB) 

 豚熱感染確認区域(西部)  (jpeg:713KB) 

※太い線の円は追加された区域、赤線は県内で確認されたもの、緑線は県外で確認され感染確認区域が本県に及んだもの

 

■検査状況、陽性確認状況等の情報は、以下のリンク先の家畜防疫課HPを御確認ください。

 →県内における発生状況(野生いのしし)


  

注意喚起

~捕獲に従事される皆さまへ~

感染確認区域内で捕獲したイノシシの個体、肉、内臓及び血液等は、自家消費用を含めて、区域外へ持ち出さないでください。捕獲活動に従事する際は、感染確認区域かどうか確認してください。

※「豚熱感染確認区域におけるジビエ利用の手引き」に従ってジビエ利用する場合は除きます。

 

■啓発チラシ 捕獲に従事される皆様へ(pdf:158KB)

 

~登山・キャンプ等山林内で作業する皆さまへ~

ウイルスを山林から持ち帰らないようご協力をお願いします。

 ●靴についた泥は山で落としましょう。

 ●イノシシを引き寄せないよう飲食物は捨てずに持ち帰りましょう。

 ●山から下りたら養豚場等に近寄らないようにしましょう。

 

■啓発用チラシ 山林内で作業される皆さまへ (pdf:126KB)

 

県民の皆さまへ

〇死亡、衰弱したイノシシ及びその排泄物には素手で触らないでください。
〇衰弱したイノシシ及びその排泄物に触れた場合は、手洗いやうがいをしてください。

  

豚熱に係る鳥取県の対応

鳥取県における豚熱対策の詳細は

  →「豚熱(ぶたねつ)に関する情報」(家畜防疫課)をご参照ください。

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000