当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
とっとり弥生の王国

とっとり弥生の王国推進課

我が国最大級の弥生時代集落「妻木晩田遺跡」。
多種多様な出土品から「地下の弥生博物館」とも呼ばれる「青谷上寺地遺跡」。
我が国の弥生時代を代表するこれら二つの遺跡の他、多くの弥生時代の遺跡や出土品が知られている鳥取県は、まさに「弥生の王国」です。

とっとり弥生の王国推進課では、これら鳥取県の優れた弥生文化を広く知っていただくため、
全国的に注目を集める最新の調査研究成果を発信するとともに、遺跡を楽しみ、学んでいただく様々な取り組みを行っています。

  
         バナー ←こちらからどうぞ

妻木晩田遺跡情報

むきばんだ史跡公園バナー←妻木晩田遺跡の情報はこちらから
  

発掘調査情報

2017年05月18日
青谷上寺地遺跡第17次調査 再開のお知らせ!

5月23日(火)から青谷上寺地遺跡の発掘調査を再開します。

昨年度の調査では、ガラス玉の製作に関わる「熱を受けて溶けたガラス粒の塊」などの重要な発見がありました。今年度は、発掘調査を再開し、この遺跡の最盛期の姿に迫りたいと考えています。

そして5月29日(月)からは発掘調査の様子を皆様に公開します。
公開期間中は担当職員が遺跡や発掘調査のことを説明しますので、お気軽にお声かけください。

もしかすると大発見に立ち会えるかも! 発掘現場でお待ちしています。
               
期間 5月29日(月)から発掘調査終了(11月末を予定)まで
   ※土・日曜日、祝祭日、雨天等により調査を行わない日は除きます。

時間 午前9時から正午、午後1時から午後4時まで

問合せ先 鳥取県埋蔵文化財センター青谷調査室(電話0857-85-5011)
    ※団体で見学を希望される場合は事前に上記までお問合せください。

駐車場 臨時駐車場があります。
    詳しくはPDFをご覧ください
    tizu.pdf(2017年5月18日 9時15分 更新 917KB)



平成28年度に出土したガラス製品
(上:小玉と管玉、下:熱を受けて溶けたガラス粒の塊)

発掘調査の様子をご覧いただけます!
 

最後に本ページの担当課    鳥取県 地域づくり推進部 文化財局 とっとり弥生の王国推進課
   住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話  0857-26-79340857-26-7934    
   ファクシミリ  0857-26-8128
    E-mail  tottori-yayoi@pref.tottori.lg.jp