当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
とっとり弥生の王国

とっとり弥生の王国推進課

“とっとり弥生の王国”とは?

我が国最大級の弥生時代集落「妻木晩田遺跡」。
多種多様な出土品から「地下の弥生博物館」とも呼ばれる「青谷上寺地遺跡」。
我が国の弥生時代を代表するこれら二つの遺跡の他、多くの弥生時代の遺跡や出土品が知られている鳥取県は、まさに「弥生の王国」です。

とっとり弥生の王国推進課では、これら鳥取県の優れた弥生文化を広く知っていただくため、
全国的に注目を集める最新の調査研究成果を発信するとともに、遺跡を楽しみ、学んでいただく様々な取り組みを行っています。

  
         バナー ←こちらからどうぞ

妻木晩田遺跡情報

むきばんだ史跡公園バナー←妻木晩田遺跡の情報はこちらから
  

青谷上寺地遺跡ニュース

06月16日

「青谷かみじち遺跡土曜講座」の開講を延期します。

例年5月に開講する「青谷かみじち遺跡土曜講座」について、開講を9月以降に延期します。
06月12日

古代米の田植体験を行いました!

国史跡青谷上寺地遺跡地内の体験水田で、青谷高校、青谷小学校の生徒児童が古代米の田植えを行いました。
05月26日

PDF版『青谷上寺地遺跡発掘調査研究年報2018』を公開します

05月13日

青谷かみじち遺跡NEWS14号を発行しました。

05月01日

青谷上寺地遺跡収蔵展示室再開のお知らせ(5月7日(木)以降)

02月10日

古代米グルメ・スイーツ講座を開催しました

01月18日

青谷かみじち遺跡NEWS13号を発行しました。

発掘調査情報

2017年01月27日
ドローンによる空中写真撮影

【第17次調査を振り返って】ドローンによる空中写真撮影

 遺跡の全体写真を撮る場合、通常は高さ数メートルの足場を組み、「斜め上」からのアングルで撮影します。また必要に応じ、ラジコンヘリコプターを飛ばして上空からの写真撮影(空撮)を行うこともあります。
 
 今年度の発掘調査では、ドローンを使っての撮影が試みられました。公益財団法人鳥取県建設技術センターの御協力により、ドローンによって「真上」からの写真撮影が行われました。ドローンは空中での安定性が高いようで、予想以上にクリアな写真が短時間で撮影できました。
 
 足場による「斜め上」からのアングルは、日常の人間の目線に近く、地面の起伏などがわかりやすいですし、ドローンなどを利用して撮影する「真上」からのアングルは、遺構などの位置関係がわかりやすいという特長があります。それぞれのアングルの長所を活かすことで、効果的な写真記録を残すことができます。

 来年度以降の発掘調査でも、有効な新技術を取り入れて、効果的な調査を行っていきたいと考えています。

やぐらから撮影した調査区の写真
高さ約5メートルの足場から撮影した調査区

ドローンで真上から撮影した調査区
ドローンで真上から撮影した調査区

ドローンを使った撮影の様子
ドローンを使った撮影の様子


 

最後に本ページの担当課    鳥取県 地域づくり推進部 文化財局 とっとり弥生の王国推進課
   住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話  0857-26-79340857-26-7934    
   ファクシミリ  0857-26-8128
    E-mail  tottori-yayoi@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000