当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

カテゴリー定義

区分および基本概念

具体的要件

絶滅
 Extinct (EX) 

野生絶滅
 Extinct in the Wild
 (EW)
鳥取県では既に絶滅したと考えられる種 

野生では絶滅し,栽培下でのみ存続している種
過去に鳥取県に生息したことが確認されており,鳥取県においてはすでに絶滅もしくは少なくとも野生では絶滅したと考えられる種
【確実な情報があるもの】
1 信頼できる調査や記録により,すでに野生で絶滅したことが確認されている。
2 信頼できる複数の調査によっても,生育が確認できなかった。
【情報量が少ないもの】
3 過去50年間前後の間に,信頼できる生育情報が得られていない。
絶滅危惧I類
Critically Endangered
   +
Endangered(CR+EN)
絶滅の危機に瀕している種

現在の状態をもたらした圧迫要因が引き続き作用する場合,野生での存続が困難なもの。
次のいずれかに該当する種
【確実な情報があるもの】
1 既知のすべての個体群で,個体数が著しく少ない,あるいは危機的水準にまで個体数が減少している。
2 既知のすべての生息地で,生育条件が著しく悪化している。
3 既知のすべての個体群が,その再生産能力を上回る採取圧にさらされているなど,その分布域で種の存続に支障をきたす要因が作用している。
【情報量が少ないもの】
それほど遠くない過去(30年~50年)の生息記録以後確認情報がなく,その後信頼すべき調査が行われていないため,絶滅したかどうかの判断が困難なもの。
絶滅危惧II類
Vulnerable
(VU)
絶滅の危険が増大している種

現在の状態をもたらした圧迫要因が引き続き作用する場合,近い将来「絶滅危惧_類」のランクに移行することが確実と考えられるもの。
次のいずれかに該当する種
【確実な情報があるもの】
1 大部分の個体群で,個体数が大幅に減少している。
2 大部分の生育地で,生育条件が明らかに悪化しつつある。
3 大部分の個体群が,その再生産能力を上回る採取圧にさらされているなど,分布域の相当部分で種の存続に支障をきたす要因が作用している。
準絶滅危惧
Near Threatened
(NT)
存続基盤が脆弱な種

現時点での絶滅危険度が小さいが,生息条件の変化によっては「絶滅危惧」として上位ランクに移行する要素を有するもの。
生育状況の推移からみて,種の存続への圧迫が強まっていると判断されるもの。具体的には,分布域の一部において,次のいずれかの傾向が顕著であり,今後さらに進行するおそれがあるもの。
a)個体数が減少している。
b)生育条件が悪化している。
c)過度の捕獲圧による圧迫を受けているなど,種の存続に支障をきたす要因が作用している。
情報不足
Data Deficient
(DD)
評価するだけの情報が不足している種 次のいずれかの要素を有しているが,生息状況など,ランクを判定するに足る情報が得られていない種
a)どの生育地においても生息密度が低く希少である。
b)生育地が局限されている。
c)生物地理上,孤立した分布特性を有する(分布域がごく限られた固有種等)。
d)生活史の一部または全部で特殊な環境条件を必要とする。
その他の保護上重要な種
Others
(OT)
鳥取県の地理的な自然特性等から保護上重要度の高い種 生育基盤は比較的安定しているが,生育地が限定されており,県内に分布限界等が存在する種など,主として地理的特性から保護上重要度が高いと考えられるもの