当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
鳥取県のインフルエンザ対策 

 

ウイルスと湿度の関係

  • 湿度が低いと、ウイルスが増殖します。さらに喉の粘膜の防御機能が低下して、罹患しやすくなります。
  • 特に乾燥しやすい室内では、加湿器や換気、ぬれたタオル・洗濯物を干すなどして、十分な湿度(50~60%)を保つことが必要です。

こまめに部屋の換気を

  • 患者の寝ている部屋は、インフルエンザウイルスの巣となります。(特に湿度が低い場合)
  • ただようウイルスを外へだすよう心がけましょう。
  • 外へ出たウイルスは日光(紫外線)により不活化します。こまめな部屋の換気は、ウイルス濃度の低下による空気感染の予防となります。
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000