鳥取県のふるさとキャリア教育「CHA3プログラム」

チャチャチャトップ

「どんな大人になりたい?」「働くってどういうこと?」「自分が住んでいる地域の良さは?」

  

CHA3(チャチャチャ)プログラムとは

ワンチャンス

中学生と地域の大人・大学生が少人数のグループで、働き方や生き方等のテーマに沿って自由に話す、中学生のための教育プログラムです。

中学生にとって大学生(近い将来のモデル)、地域の大人(遠い将来のモデル)と話すことで、将来の夢や目標、地域への愛着を育む「ふるさとキャリア教育」の機会となり、また、大学生や地域の大人の皆さんにとっても中学生と話すことで新たな気付きや学びの機会となります。

“CHA3”とは!?

  • 地域の方やちょっと身近な大人(大学生)と出会う機会(Chance)
  • 多様な価値観と出会うことで自分を変える(Change)
  • 少し先の目標を持ち、様々なことに挑戦する(Challenge)

鳥取県教育委員会では「ふるさとキャリア教育」の一環として、このプログラムを実施する市町村や学校を支援しています。

こんな効果が見られています!

中学生へのアンケートで自己肯定感や、地域への貢献意識等について尋ねたところ、すべての項目においてプログラム実施後の肯定的回答が実施前を上回りました。(詳細はこちらをご覧ください

グラフ1グラフ2

 

  

参加者の声(アンケート自由記述より)

中学生

  • 普段の授業では自分の意見を自分で決めて自己完結しているので、今回のような全く普段関わりのない大人の皆さんの意見を聞けて新鮮だったし、自分の中で新しい可能性が拓けたなと感じました。  
  • 普段話す機会の少ない方と話せて新しい考え方に出会えた。「将来について」や「働くことについて」の話を聞けて良かった。これから進路を決めるときなどに参考にできるようにしたい。
写真

地域の大人

  • 地域の方や生徒の皆さんとここまで関わる機会はなかなか無いのでとても良いプログラムだと感じた。
  • 今、中学時代を生きている子どもたちの思いがいろいろ聞けて良かった。自分の今までの経験を話すことで、自身を振り返ることもできた。

大学生

  • 中学生との交流で生徒理解の力を深められた。教員になりたい気持ちが一層強くなった。
  • 自分以外の人の考えが聞けてとても楽しかった。特に、地域の大人と関わる機会は今まであまり無かったので、今回普段関わることの無い社会人の方のお話を聞けたことが楽しかった。
  

中学校関係者の皆様へ

CHA3プログラムは、ふるさとキャリア教育の一環であるとともに、地域の方と協働で実施することから地域学校協働活動の側面も持ち合わせています。

実施にあたっては、前年度に県教育委員会が実施希望を照会していますので、市町村教育委員会を通じてお申込みください。(令和4年度の実施希望の受付は終了しています。また、年間の実施校数には限りがあります。)

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000