当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鷲峰山と大山の背比べ

鷲峰山と大山の背比べ

全国の神様たちが出雲での行事が終わった帰り道、鷲峰山と大山の神様が互いに自分の方が背が高いと言い争いになり、背を比べ合ったそうです。  

その結果、鷲峰山が勝ちましたが、悔しかった大山の神様は杓子で頭をすくいとりました。  

追いかけてくる鷲峰山の神様に驚き慌てて逃げようとした途端、杓子についていた土が落ち、青谷町の建山になりました。  
鷲峰山の神が「土はもうないのか」と怒鳴ると、大山の神は袖を振って見せました。  

そのとき、土がどさっと落ち北栄町の袖振山になったそうです。
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000