メンテナンスのため、9月18日(土)AM3時55分~8時(予定)の間、閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

 競技エントリーを再開

 

 世界最大級の生涯スポーツの国際大会「ワールドマスターズゲームズ(WMG)2021関西」。2022年に鳥取県を含む関西一円で開催される。エントリー受け付けは、大会の1年延期に伴うシステム改修のため、一時中断されていたが、大会1年前となる5月13日に再開された。

 エントリー再開から約1週間が経過した段階で、県内で開催される自転車競技では約100人、柔道では約20人の新規申込があった。「大会を待ち遠しく思っている人が多いことを改めて感じた。五輪と同様、自国開催が巡ってくるのは大変貴重な大会。それも含めて楽しんでもらいたい」と鳥取県実行委員会事務局の西小路聡さん。

 この大会は、出場する上で予選はない。競技により異なるが、概ね30歳以上であれば、参加料を払って誰でもエントリーできる。参加目標人数は5万人。年代別などで対戦するため、多くの人に世界大会のメダリストになるチャンスがある。

 世界の30、40代の参加も多い。過去の五輪出場者・メダリストが参加することもあり、見どころが満載だ。出場年齢の幅広さや参加しやすさから、県民にも参加を呼び掛ける。地元で世界大会に挑戦できるまたとない機会だ。

 現在、県民の大会エントリー者数は約100人。全35競技中、まだ多くの競技でエントリーを受け付け中。「定員に達し次第、締め切られるため、興味がある競技を大会ホームページで確認して、エントリーを考えてみてほしい」と大会事務局は話している。

再開したエントリーを呼び掛けるポスター

 

2021年5月30日(日) 新日本海新聞掲載


関西ワールドマスターズゲームズ推進課


最後に本ページの担当課
   鳥取県 地域づくり推進部 スポーツ振興局 関西ワールドマスターズゲームズ推進課
   住所  〒680-8570
            鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話  0857-26-79100857-26-7910    
   ファクシミリ  0857-26-8129
   E-mail  kansai-wmg@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000