当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

農業 伊藤 蓮

職員メッセージ

基本情報

職員写真

研究員 伊藤 蓮

農林水産部 農業試験場

平成31年度採用

 

現在の業務内容

 主な業務は、鳥取県に適する水稲と麦の品種を決定する試験研究です。鳥取県や各都道府県、あるいは国の研究機関などで育成された新品種を、実際に農業試験場で栽培し、収量や品質を調査しています。一連の調査を何年か続け、有望となった品種は県内各地で試作し、県内へ普及していきます。

 

仕事のやりがい

 令和元年秋に本格デビューした鳥取県のオリジナル水稲品種「星空舞」の試験研究には私も携わっています。将来、鳥取県の主力品種にするべく様々な試験が行われていますが、知識や経験が未熟な私にとっては日々苦労の連続です。しかし「星空舞」が店頭に並ぶ姿を見たときには、大きなやりがいを感じました。

 

入庁して驚いたこと

 公務員と聞くと、机に向かっての事務仕事が大半かと思っていましたが、私の所属する農業試験場では、野外で仕事をする機会が多いです。自ら試験場内の水田で田植え、稲刈りなどの作業や調査・試験を実施しています。
 また県内各地の農家の水田でも現地試験をお願いしており、たびたび調査に出向きます。炎天下での作業も多く、体力勝負の職場でした。

 

県職員を志望した理由

 私は大学時代を東京で過ごしました。東京生活の中で、"田舎の農業"や"スローライフ"に興味を持つ人が都会にはたくさんいることに衝撃を受けると同時に、知名度がない鳥取で就農したいと思う人が極端に少ないことも痛感しました。私は都会の人が農業をしたい!と思うような魅力ある鳥取県を農業面から作っていきたいと思い、志望しました。

 

職場の雰囲気

 想像していたよりも和やかな職場であるように感じます。試験場には正職員だけでなく、非常勤職員の方もたくさんおられ、研究室の全員で作物を育てていく雰囲気であるため、様々な人とコミュニケーションをとりながら仕事を進めています。また、業務には関係のないプライベートなことも気軽に相談に乗ってくださいます。

 

その他(仕事で心がけていること、つらかったこと等)

 私はこれまで農業を学んだ経験に乏しく、また実家も農家ではなかったことから、毎日が新しい経験の連続です。慣れない農作業ばかりですが、一つ一つの作業や試験研究の手法について、よく考えながら業務を進めることを心がけています。分からないことや疑問点はそのままにせずに、その場で解決することで、私自身の成長につなげたいと思っています。

 

県職員を目指す人へのメッセージ

 実は私の大学時の所属は農学部ではなく、工学部でした。しかし、どうしても鳥取県の農業に携わる仕事がしたいと思い、鳥取県の農業職を志望しました。農業職などの技術職は大学時に専攻していた人でなければ受験できないような先入観を持ってしまいがちですが、実は採用条件に専攻は関係ありません(資格・免許が必要な技術職もあります。)。自分のやりたい分野でともに鳥取県を元気にしていきましょう。

 

ある1日のスケジュール

 8:30 勤務開始
 9:00 ドローン空撮
12:00 昼休憩
13:00 稲刈り
15:00 収量調査
18:00 退庁
19:00 趣味の時間(天体観測など)
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000