1 古代歴史文化協議会とは

 古代歴史文化協議会は、古代歴史文化の調査・研究・啓発に関心のある鳥取県を含む14県が参加し、共同して調査研究することにより、個々の地域的な研究だけでは見えにくかった日本の大きな古代史の流れを解明することを目的に活動しています。
 平成26年度から、「古墳時代の玉類」をテーマに各県が共同して調査研究を進め、平成27年度には、みなさまに古墳時代の「玉」を通して日本の古代史への興味を深めていただけるよう、「古墳時代の玉作りと神まつり」をテーマに第1回の講演会を開催しました。平成28年度は、視野を朝鮮半島に広げ、4世紀から7世紀まで(日本の古墳時代、朝鮮半島の三国時代)の玉からみた日韓交流をテーマにしました。日本で出土する朝鮮半島由来の玉の意味、日韓両国で出土するヒスイ製勾玉の評価など、玉から見た当時の日韓交流はいかなるものであったのかに迫る第2回講演会「玉から古代日韓交流を探る」を東京で開催します。
 第2回講演会の情報はこちらです。
https://www.pref.tottori.lg.jp/260918.htm

2 古代歴史文化協議会ホームページはこちらです。

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000