8月11日(木・祝)に鳥取県文化財保護審議会を開催しました。
審議会では、「七宝(しっぽう)」の橋詰峯子氏の無形文化財(工芸技術)の指定、保持者の認定、福田豊氏の「木工芸」への保持者追加認定について審議がなされ、了承されました。
このほか、各部会長による部会の活動報告、事務局による大山寺旧境内の国史跡指定、県内の建造物、名勝の国登録、文化財課の取り組みについての報告を行いました。

審議会の様子
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000