当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
  
 
マウスが上にくると画像が拡大します youtube動画チャンネルロゴ
手話パフォーマンス甲子園公式facebookボタン 手話パフォーマンス甲子園公式ツイッターボタン 手話パフォーマンス甲子園公式LINEボタン

日本財団

  全日本ろうあ連盟へのリンク 鳥取県聴覚障害者協会へのリンク あいサポート運動 鳥取県観光案内とっとり旅の生情報へのリンク 手話観光ガイドリンク

お知らせ

第6回全国高校生手話パフォーマンス甲子園予選審査結果

第5回全国高校生手話パフォーマンス甲子園の特集が放送されます!

 4月19日(金)と20日(土)にNHK(Eテレ)「ろうを生きる 難聴を生きる」にて、昨年開催した「第5回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の特集が再放送されます!
本大会に出場した2チームに密着した内容(前後編)となっていますので、ぜひご覧ください!
4月26日(金) 午前12時45分~午後1時

https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/rounan/835/

第6回全国高校生手話パフォーマンス甲子園に係るプロポーザルの実施について

先日ご案内した雑誌”演劇と教育”No.701号に掲載された手話パフォーマンス甲子園への寄稿文の内容をアップしました!(2018年3月30日)

 先日ご案内した"演劇と教育"(編集:日本演劇教育連盟、発行:晩成書房)のNo.701号に掲載された奈良県立ろう学校の綿井先生の寄稿文をご紹介します。
 手話パフォーマンス甲子園を目指す高校生にも、とても参考になる特集になっていますので、ぜひご覧ください。

〔奈良県立ろう学校 綿井 朋子先生の寄稿文〕
 ※ 画像をクリックすると、原稿を見ることができます。
 寄稿文
 ※ "演劇と教育"(編集:日本演劇教育連盟、発行:晩成書房)No.701号 P.34-41抜粋。

〔参考〕演劇と教育 No.701(公式サイト)
 >> http://www.bansei.co.jp/index/mokuroku/zassi/zashi.html
 

雑誌”演劇と教育”(日本演劇教育連盟編集等) N0.701 に、手話パフォーマンス甲子園に関する寄稿が掲載されています!(2018年3月16日)

 現在、雑誌"演劇と教育" (編集:日本演劇教育連盟、発行:晩成書房)の最新号(No.701)に、全国高校生手話パフォーマンス甲子園のことが掲載されていますので、ご紹介します。

 ″表現はコトバを超える ~全国高校生手話パフォーマンス甲子園実践報告~"という表題で、第2回&第4回全国高校生手話パフォーマンス甲子園の優勝校 奈良県立ろう学校の演劇部顧問 綿井 朋子先生が寄稿された特集で、同紙のP.34 から掲載されています。

 奈良県立ろう学校は、第1回大会から4大会連続で本大会に出場していますが、これまでの大会で実際に指導に関わってこられた顧問の先生の、手話パフォーマンス甲子園に向けた取組が詳細かつリアリティ溢れる内容で紹介されています。

 手話パフォーマンス甲子園を目指す高校生にとっても、とても参考になる特集になっていますので、ぜひ"演劇と教育"の最新号をお手にとってご覧ください。

○演劇と教育 No.701(公式サイト)
 >> http://www.bansei.co.jp/index/mokuroku/zassi/zashi.html

 雑誌表紙 雑誌裏表紙

  
アクロバットリーダのダウンロード ※PDFをご覧頂くにはアクロバットリーダーが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
  

最後に本ページの担当課    手話パフォーマンス甲子園実行委員会事務局(鳥取県福祉保健部障がい福祉課内)
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-76820857-26-7682 
    ファクシミリ  0857-26-8136
    E-mail  s-koushien@pref.tottori.lg.jp