当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取県自然環境整備計画

氷ノ山山系及び中国自然歩道の利用の増進と生態系の保全を図るため、登山道の整備と森林植生や植物群落の維持回復を行い、観光び自然学習の拠点として、国定公園に相応しい体系的な整備を行うことを目的に、鳥取県自然環境整備計画を作成しました。
  

1 計画期間

平成25年度から平成28年度 4カ年間(計画期間満了)
平成29年度から平成31年度 3カ年間

2 整備計画の対象地域

氷ノ山後山那岐山国定公園(鳥取県東部地域)
中国自然歩道(鳥取県中西部地域)
 

3 整備目標

大目標:主要な交通拠点から自然公園を結ぶルートとしての中国自然歩道について、本県の魅力あふれる自然を活かした滞在型利用をより一層促進するため自然公園等施設の整備を行う。
  目標1:外国人観光客のゲートウェイとなる米子鬼太郎空港、境港からビューポイント(重点取組地域)間のアクセスルートとなる中国自然歩道沿いについて、大山を眺望出来るポイントの整備を行い、快適で質の高い利用環境を整備する。
  目標2:ビューポイント(重点取組地域)間を結ぶ中国自然歩道について、老朽化した歩道施設の再整備、案内標識等の多言語化を行い、外国人観光客を含む様々な利用者の安全・安心の確保、利便性を向上させ、長距離自然歩道利用による周遊の促進を図る。

大目標:氷ノ山、那岐山地域を中心とした氷ノ山後山那岐山国定公園(鳥取県東部地域)において、本県の魅力あふれる自然を活かした滞在型利用を促進するため公園利用施設の老朽化対策の整備を行う。
 目標1:県内外からの登山愛好家等の観光客に安全・安心した登山等を楽しんでもらうため、区域内の登山道の老朽化している標柱等の再整備を行い、さらなる登山客やレクリエーション客の利便性向上及び利用促進を図る。

4 鳥取県自然環境整備計画の内容