当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
鳥取県中部圏域の中核病院として、県が運営している病院です。
検索

一般救急

 急に具合の悪くなられたりやけがをされた場合など、救急患者のかたは休日や夜間でも受診していただけます。
  小児救急については、「小児救急医療体制」をご覧ください。
  

時間外診療

診療時間

区分 診療時間
月曜日~金曜日 17時~翌日8時30分
土曜日・日曜・祝日・年末年始(12月29日~1月3日) 8時30分~翌日8時30分

診察

 夜間、休日は当直医師の診察となります。(専門外の医師による診療となる場合もあります。)
 また、救急搬送された患者への対応などにより、診察が大幅に遅れることもありますので、ご了承ください。

受診を希望される場合の注意点

お持ちいただくもの

 ご来院の際は、次のものをお持ちください。
  • 健康保険証
  • 特別医療費受給資格証(お持ちのかたのみ) 
  • 診察券(お持ちのかたのみ) 

受付

 時間外診療を受診される際は、病院正面玄関からお入りください。
 夜間休日救急受付窓口がありますので、受付手続きを行ってください。

会計

時間外・休日診療の医療費計算対応時間帯

 平日午後5時以降及び休日の受診についての会計は、後日お支払いいただいておりましたが、平成26年4月1日より患者サービスの向上等の観点から、医療費の計算を行う時間帯を拡充いたしました。
  • 平日・・・午後5時~午後10時
  • 休日・・・午前8時30分~午後10時

医療費計算対応時間帯以外での診療

 後日会計となりますが、次の場合は預かり金をお支払いいただきます。
区分 預かり金額
県外の方 10,000円以上
県内の方で、次の特別医療費受給資格証をお持ちの方
・小児(18歳に達する日以後の最初の3月31日まで)
  ・ひとり親家庭                                                        
530円

院内トリアージ(重症度選別)

 当院では、救急外来の患者様を重症度別に評価し、重症のかたを優先して診察しています。
 看護師が症状の聞き取りと体温、血圧、脈拍などの検査をおこない、定められた基準に従って重症度を評価します。
 重症のかたが遅れなく治療を受けるための措置ですので、診察の順番変更等について、ご理解とご協力をお願いします。
  

夜間・休日に受診希望される皆様へ

夜間・休日に受診希望される皆様へ

鳥取県立厚生病院長

 当院救急外来では24時間体制で入院治療が必要な患者を対象とする二次救急医療を原則として行っております。
 このため、一般の外来診療とは診療内容が異なりますので次の事項についてご理解とご協力をお願いします。
 なお、小児については、一次救急医療及び二次救急医療を行っています。
一次救急医療 入院を必要としない救急医療
二次救急医療 入院を必要とする救急医療

1.診療

 平日の一般外来と同じ処置・検査を行うわけではなく、基本的に緊急対応・応急処置になりますので、ご希望される処置・検査ができない場合があります。
 緊急性のない病気やケガで、通常の診察を希望される場合は、平日受付時間内の一般外来の受診をお勧めします。

2.診察の順番・待ち時間

 重症患者さんを優先して診察します。その場合、診察の順番が変更されます。
 また、救急車で搬送された患者さんの診察には時間がかかりますので、待ち時間が大変長くなることがあります。

3.担当医

 内科系、外科系問わず1名の当直医が当番体制の下、緊急の診療を行います。
 小児科の診療は、原則として平日は午後10時まで、土曜日は午後1時~午後10時まで、日曜・休日は午前10時~午後10時まで行います。
 「○○科の医師に診て欲しい」と、診療科を指定されてもご要望にはお応え出来ません。

4.お薬の処方

 1日分あるいは次回一般外来診療日までの臨時処方として必要日数分を処方します。

5.診断書

 救急外来受診当日には診断書は原則として発行できません。(診断書作成目的での診察要望はお断りさせて頂きます)
 診断書が必要な場合は、後日、外来診療受付時間内に該当する診療科を受診のうえ依頼してください。
 (当日の外来状況によっては、受診当日に発行できない場合もあります。)
 遠方で再度当院を受診できない方の場合は、診察時に医師に紹介状の作成を依頼してください。

6.後日受診

 救急外来では、命に関わる部位および疼痛部位を重点に診察します。
 例えば、交通事故や転落・転倒などによる外傷に関して、後日、診察時とは違う部位に痛みが発症したり、診察時のエックス線撮影では確定できなかった骨折が、時間の経過とともにはっきりと写ることがあります。
 ついては、後日必ず通常の外来診察時間帯に該当する診療科で専門医の診察を受けてください。