当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

農業農村基盤の整備

県営農業水利施設保全合理化事業(大口堰地区)

大口堰地区は一級河川千代川の右岸の水田をかんがいするために約300年前に開削された山白川の取水堰です。大口堰は老朽化が進んでいたうえ、堰板の開閉作業は人力により行われ、危険な状況でした。また堰直下の護床ブロックは経年劣化による不等沈下や隆起を生じており、堰全体への影響が懸念されます。このため、土砂吐工を自動化し、併せて護床工を整備し、水管理の省力化及び堰の安定を図りました。

場所:鳥取市円通寺
工期:平成26年度から平成31年度まで
事業費:364,000千円
事業概要:受益面積326ha
     頭首工(土砂吐改修)一式
     自動転倒ゲート
     土砂吐下部工
     
     大口堰施工後
施工前                     施工後

  

最後に本ページの担当課    鳥取県東部農林事務所
    住所  〒680-0061
             鳥取県鳥取市立川町6丁目176
    電話  0857-20-3551   
    ファクシミリ  0857-20-3561
    E-mail  toubunourin@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000