メンテナンスのため、5月18日(水)21時~19日(木)22時(予定)の間、「とっとり県民学習ネット」は閲覧できません。
<2022年5月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
567891011

カテゴリー

農大日記

2021年12月22日

GLOBALG.A.P.の認証審査が行われました。

 農業大学校では平成30年度から農業生産工程管理の国際基準であるGLOBALG.A.P.(グローバルギャップ)を授業に取り入れ、さらに実践力を身につけるため、GLOBALG.A.P.認証取得に取り組んでいます。

 本年度は、昨年度認証取得した白ねぎに加え、新たに花壇苗での認証取得を目指して取り組んできました。12月7日・8日に審査機関(株式会社Control Union Japan)による審査(現地審査と書類審査)を、野菜コースと花きコースの学生が受けました。当日は学生が分担して、収穫・調製作業の実演、審査員への説明・質問対応を行いました。審査に向けて、資料づくり、資材庫やほ場回りの整理整頓、わかりやすい表示の作成等、準備を積み重ねてきました。審査後は指摘事項の是正を行い、あとは認証を待つのみです。

野菜現地審査 花き現地審査

(上:現地審査の様子)

書類審査

(上:書類審査の様子)

野菜集合写真 花き集合写真

 また、今年度は認証を受けない日本梨についても、12月9日に果樹コースの学生が模擬審査を受けており、GLOBALG.A.P.と同等の取り組みを継続しています。

果樹模擬審査 果樹集合写真

(上:模擬審査の様子)

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000