お知らせ・募集

GLOBALG.A.P.の継続認証を取得しました!

 農業大学校では時代のニーズに対応できる経営能力を備えた「たくましい農業者」の育成を行っています。その一環として、平成30年度から農業生産工程管理の国際基準であるGLOBALG.A.P.(グローバルギャップ)を授業に取り入れ実践するとともに、GLOBALG.A.P.認証を取得しています(対象作物:日本梨、認証期間:令和元年1月29日から令和3年1月28日)。

 この認証を継続するためには毎年審査を受ける必要があります。昨年度の日本梨に加え、本年度は白ネギでの認証取得も目指して取り組んできました。令和2年12月3・4日、審査機関(SGSジャパン株式会社)による審査(書類審査と現地審査)を果樹コースの学生7名(2年生2名、1年生2名)、野菜コースの学生13名(2年生7名、1年生6名)が受け、この度継続認証(令和4年1月28日まで)を取得しました。来年度は白ネギの継続と合わせ、新たに花壇苗での認証取得を目指します。

GAP書類審査 GAP現地審査

(左:書類審査、右:現地審査)

果樹集合 野菜集合

(左:果樹コース集合写真、右:野菜コース集合写真)

GAP認定証  

GAP認定証 (pdf:2796KB)

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000