メンテナンスのため、9月28日(火)及び29日(水)午前1時以降、一時的に閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

2021年7月2日

2021年6月21日 ベニズワイかにかご@境港

 ベニズワイガニの2020年漁期が6月で終了しました。皆さま、お疲れ様でした。

少し前ですが、新潟船籍のベニズワイかにかご漁船から魚体購入を行いました。その際、水産庁の甲幅チェックに遭遇し、チェックする道具を見せていただきました。

新潟船籍のベニズワイかにかご漁船の荷揚げ風景 甲幅チェック道具

甲幅の最大部分が当たるよう幅を持たせた形で、甲幅が90mmあるかどうか簡単にチャックできるように作られていました。

【おまけ】

帰り道に沿岸漁船の基地である中野船溜まりに寄りました。

5月の解禁から1カ月経ち、小型底びき網は、沖合域でキダイ、ウマヅラハギ中心に漁獲していました。なお、漁場が例年より沖合ということもあり、漁期序盤の主要魚種の一つであるナガレメイタガレイは30kg程度と少ないとのこと。

小型底びき網漁獲物 キダイ

特記事項としては、ツキヒガイに寄生するカツラガイが多い(15枚中5枚は寄生)との漁業者からの情報がありました。ちなみに、カツラガイはツキヒガイの殻に穴をあけ、体液を吸います。沿岸の二枚貝を食べてしまうツメタガイとか、イワガキの稚貝を食べてしまうレイシガイのように食い殺すのではなく、殺さず寄生。ちょっと恐ろしい。

あと久々にウチワエビを見ました。

ツキヒガイに寄生するカツラガイ ウチワエビ

すくい網はヒイラギ(えのは)とマアジを獲っていました。ヒイラギ獲るんですね。

すくい網 ヒイラギ

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000