とっとり弥生の王国

とっとり弥生の王国推進課

“とっとり弥生の王国”とは?

我が国最大級の弥生時代集落「妻木晩田遺跡」。
多種多様な出土品から「地下の弥生博物館」とも呼ばれる「青谷上寺地遺跡」。
我が国の弥生時代を代表するこれら二つの遺跡の他、多くの弥生時代の遺跡や出土品が知られている鳥取県は、まさに「弥生の王国」です。

とっとり弥生の王国推進課では、これら鳥取県の優れた弥生文化を広く知っていただくため、
全国的に注目を集める最新の調査研究成果を発信するとともに、遺跡を楽しみ、学んでいただく様々な取り組みを行っています。

  
         バナー ←こちらからどうぞ

妻木晩田遺跡情報

むきばんだ史跡公園バナー←妻木晩田遺跡の情報はこちらから
  

発掘調査情報

2021年02月18日
とっとり弥生の王国調査整備活用委員会 調査研究部会(青谷上寺地遺跡担当 第6回)議事録

 昨年11月16日(月)に開催したとっとり弥生の王国調査整備活用委員会 調査研究部会(青谷上寺地遺跡担当 第6回)の議事録要旨を掲載します。

 調査研究部会では、平成30・令和元年度に実施した「第18次発掘調査の成果について」及び今年度から2カ年かけて調査している「第19次発掘調査状況について」御審議いただきました。

 これまで調査の及んでいなかった遺跡北側に設定された両調査区の発掘調査成果について、各委員から様々な御意見をいただきました。

 御審議いただいた内容は、第19次発掘調査最終年度となる来年度(令和3年度)の発掘調査に活かしていきます。添付の部会資料と併せてご覧ください。

 

部会資料はこちらをご覧ください。

⇒ 【議事録要旨】とっとり弥生の王国調査整備活用委員会調査研究部会(青谷上寺地遺跡担当第6回)00_gijiroku(pdf:136KB)

⇒ 【1】調査研究部会資料(青谷上寺地遺跡担当第6回)01_tyousakenkyuubukaisiryou(pdf:177KB)

⇒ 【2】調査研究部会資料(青谷上寺地遺跡担当第6回)02_tyousakenkyuubukaisiryou(pdf:4000KB)

⇒ 【3】調査研究部会資料(青谷上寺地遺跡担当第6回)03_tyousakenkyuubukaisiryou (pdf:2238KB)

⇒ 【4】調査研究部会資料(青谷上寺地遺跡担当第6回)04_tyousakenkyuubukaisiryou (pdf:1951KB)

⇒ 【5】調査研究部会資料(青谷上寺地遺跡担当第6回)05_tyousakenkyuubukaisiryou (pdf:1697KB)

⇒ 【6 別添図】 第19次発掘調査区第2面遺構検出状況  06_bettenzu(pdf:331KB)

とっとり弥生の王国調査整備活用員会調査研究会

 

最後に本ページの担当課    鳥取県 地域づくり推進部 文化財局 とっとり弥生の王国推進課
   住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話  0857-26-79340857-26-7934    
   ファクシミリ  0857-26-8128
    E-mail  tottori-yayoi@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000