当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

2018年3月8日

2018年3月5日 沖底(網代)

本日の網代港地方卸売市場には地元船6隻が水揚げしていました。
主な漁獲物はアカガレイとハタハタでそれぞれ2090箱、295箱の出荷があり、本日は、第一鳥取丸の船員に協力してもらい、この2魚種の測定を行いました。
水揚げ状況

アカガレイは、網代がもっとも得意としている漁場ではなく、隠岐東方の水深160mの海域でした。この海域は、産卵後の個体が移動してくる海域であり、漁獲物の大半は放卵後の個体でした。
ハタハタは、泊沖の水深200mで主に漁獲しており、体長13-16cmが漁獲サイズの主体でした。
アカガレイ ハタハタ

アカガレイ、ハタハタ以外では、クロザコエビ(もさえび)、キアンコウ、ヒレグロ(やまがれい)、マフグ(なめらがれい)、ミズダコ等が揚がっていました。
クロザコエビ(もさえび) クロザコエビ(もさえび)のエビかご出荷

キアンコウ ヒレグロ(やまがれい)
マフグ(なめらふぐ) ミズダコ