当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

2017年1月27日

2017年1月27日 沖底(田後@県営境港市場)

今朝の県営境港市場には、田後漁協所属の沖合底びき網漁船1隻と、鳥取県漁協網代港支所所属の沖底船3隻が上場していました。

メインに測定した田後船は、ハタハタ、アカガレイ、若松葉がに(脱皮6カ月以内の雄のズワイガニ)、クロザコエビ(もさえび)、ニギス(おきぎす)等を漁獲していました。

ハタハタは、体長14cm前後の小規格、木箱出荷が9割以上で、体長20cmを超すような大型魚が入っている大規格は393箱中1箱だけでした。
セリの様子 田後船のハタハタ(全出荷数)
ハタハタ(小規格) ハタハタ(大規格)

松葉がに(脱皮1年以上経過した雄のズワイガニ)は少量で、若松葉がには、サイズ規制の甲幅10.5cmから12cmまでが水揚げの主体でした。
若松葉がに(脱皮6カ月以内の雄のズワイガニ)20入 若松葉がに(脱皮6カ月以内の雄のズワイガニ)6入

そのほかの魚種の画像は以下のとおりです。
今日測定させていただいたスラリーアイス搭載船なので、ニギスやハタハタ等、非常に良い色をしています。
あと、島根県からの出荷ですが、ワカメが出ていました。

アカガレイ ニギス
クロザコエビ(もさえび) ワカメ

ピントが合いにくくなったので、デジタルカメラが代替わりしました。

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000