当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
とっとり弥生の王国

とっとり弥生の王国推進課

“とっとり弥生の王国”とは?

我が国最大級の弥生時代集落「妻木晩田遺跡」。
多種多様な出土品から「地下の弥生博物館」とも呼ばれる「青谷上寺地遺跡」。
我が国の弥生時代を代表するこれら二つの遺跡の他、多くの弥生時代の遺跡や出土品が知られている鳥取県は、まさに「弥生の王国」です。

とっとり弥生の王国推進課では、これら鳥取県の優れた弥生文化を広く知っていただくため、
全国的に注目を集める最新の調査研究成果を発信するとともに、遺跡を楽しみ、学んでいただく様々な取り組みを行っています。

  
         バナー ←こちらからどうぞ

妻木晩田遺跡情報

むきばんだ史跡公園バナー←妻木晩田遺跡の情報はこちらから
  

青谷上寺地遺跡ニュース

06月16日

「青谷かみじち遺跡土曜講座」の開講を延期します。

例年5月に開講する「青谷かみじち遺跡土曜講座」について、開講を9月以降に延期します。
06月12日

古代米の田植体験を行いました!

国史跡青谷上寺地遺跡地内の体験水田で、青谷高校、青谷小学校の生徒児童が古代米の田植えを行いました。
05月26日

PDF版『青谷上寺地遺跡発掘調査研究年報2018』を公開します

05月13日

青谷かみじち遺跡NEWS14号を発行しました。

05月01日

青谷上寺地遺跡収蔵展示室再開のお知らせ(5月7日(木)以降)

02月10日

古代米グルメ・スイーツ講座を開催しました

01月18日

青谷かみじち遺跡NEWS13号を発行しました。

発掘調査情報

2016年10月07日
銅鏃(どうぞく)が”ぞくぞく”出土!

只今、青谷上寺地遺跡の中で一番たくさんのものが埋もれている「中心域」の一角を発掘しています。

 

8月1日から調査をはじめてから2か月。
その間、弥生時代の銅鏃(どうぞく)が6点も出土しました。

 

銅鏃は弥生時代において貴重な武器であり、山陰地方でも出土する遺跡は限られています。
青谷上寺地遺跡では過去18年間の調査で37点の銅鏃が出土していますが、
今年はたった2ヶ月の間にその1割におよぶ点数が発見されました。

 

この6点の銅鏃が出土したのは、古代に造成された土の中。
その下に弥生時代の地面が埋まっています。そこにはなにが眠っているのか。
青谷上寺地遺跡に暮らした弥生時代の人びとの歴史を明らかにする新たな発見が期待できそうです。

 

発掘調査は一般公開していますので、お気軽にお立ち寄りください。

過去の調査では人骨に突き刺さった銅鏃も見つかっています。

出土したばかりの銅鏃。薄い錆の下に「あかがね色」の輝きをとどめるものも。
 

最後に本ページの担当課    鳥取県 地域づくり推進部 文化財局 とっとり弥生の王国推進課
   住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話  0857-26-79340857-26-7934    
   ファクシミリ  0857-26-8128
    E-mail  tottori-yayoi@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000