当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

2016年1月4日

2015年12月28日 沖底(賀露)

今年最後の市場調査は、来年の干支「猿」の地方名を持つソウハチ(えてがれい)で締めました。
賀露の水揚状況 ソウハチ(えてがれい)
親がに(ズワイガニの雌)の漁期が12月いっぱいまでと言うことで、親がに主体の水揚げでしたが、多種多様な水揚げがありました。
松葉がに(ズワイガニの雄)から
親がに(ズワイガニの雌) 松葉がに

県東部の正月には定番のアカガレイや、高級魚の代名詞になってきているアカムツ(のどぐろ)、沿岸でも漁獲されるマダイやキダイ。
アカガレイ アカムツ(のどぐろ)
マダイ キダイ
そして今年も多く漁獲されたマダラ
マダラ
そのほか、クロザコエビ(もさえび)やバイ類、ヤリイカ等の水揚げがありました。
クロザコエビ(もさえび) エゾボラモドキ(赤バイ)

エッチュウバイ(白バイ) ツバイ(黒バイ)
ヤリイカ(けんさき、てなし) 

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000