農薬・肥料

農薬

農薬の使用にあたっては・・・

1 農薬の使用基準を遵守しましょう。

  農薬を使用する際には、ラベル等で対象農産物への使用時期や使用方法等、最
 新の登録内容を必ず確認してください。

2 周辺環境へ配慮しましょう。

(1)住宅地等に隣接する農地での病除作業について

  住宅地等に隣接する農地での作業にあたっては、近隣の住民の方に対して防除
 作業を行うことを事前にお知らせし、飛散・流出防止に努めましょう。

(2)水環境への配慮について

  農薬を使用する際、河川等に農薬が流入しないよう十分注意しましょう。
    作業終了後、器具を洗浄した洗浄水は河川等に流さずにほ場内で使用しましょう。
    また、河川の近くで、魚毒性の強い農薬を使用する場合は、特に注意しましょう。

(3)農薬容器等の適正な処分
  有効期限が過ぎていたりして不要になった農薬を処分される際は、購入され 
 た販売店等に相談するか、廃棄物として適正に処分しましょう。

  
  家の倉庫や納屋で古い農薬や未使用の農薬を発見した場合は以下の点に留意しましょう。
   1 他の容器には移し替えない。
   2 容器内に農薬を残したままで廃棄しない。
   3 余った農薬は、河川、用水路、下水等に廃棄しない。
   4 余った農薬は産業廃棄物処理業者に処理を依頼する。
   5 農薬を余らせないよう必要量を買いましょう。
   ・・・注意喚起チラシ (pdf)

 

農薬に関する御相談窓口 

中部総合事務所倉吉保健所
 生活安全課食品担当
電話:0858-23-3117
FAX:0858-23-4803
西部総合事務所米子保健所
 生活安全課食品担当 
電話:0859-31-9340
FAX:0859-31-9333
生活環境部くらしの安心局
 くらしの安心推進課くらしの安全担当
電話:0857-26-7601
FAX:0857-26-8171
農林水産部農業振興戦略監
 生産振興課生産環境担当
電話:0857-26-7415
FAX:0857-26-7294

農薬関係のお知らせ(農林水産省HP)

 

農薬販売の届出

○届出関係様式のダウンロード
   ・農薬販売届(word)(pdf)

 ・農薬販売変更届(word)(pdf)

 ・農薬販売廃止届(word)(pdf)
○届出先

東部  生活環境部くらしの安心局
くらしの安心推進課くらしの安全担当
電話:0857-26-7601
FAX:0857-26-8171
中部  中部総合事務所倉吉保健所
生活安全課食品担当 
電話:0858-23-3117
FAX:0858-23-4803
西部  西部総合事務所米子保健所
生活安全課食品担当 
電話:0859-31-9340
FAX:0859-31-9333

  

肥料の品質確保等に関する法律 

令和2年12月1日に「肥料取締法」が改正され、法律名が「肥料の品質の確保等に関する法律」となりました。
  ○その他肥料関係のお知らせはこちら(農林水産省HP)

肥料を販売

 肥料の販売を業とする者(以下「販売業者」という。)は、肥料の品質の確保等に関する法律に基づき、事業場の所在地を管轄する都道府県知事に販売業務に関して届出を行うことが義務づけられています。

 インターネットオークションやフリマアプリ等を通じて個人間で取引する場合であっても、肥料を繰り返して販売する場合は「販売業者」に該当する可能性がありますので、必ず販売業者の届出を行ってください。

1 届出を行う場合(法第23条第1項)

   肥料販売業務開始届出書(word)(pdf)

 農林水産省HP:「肥料を販売される方は、必ず販売業者の届出を行ってください!」

2 届出事項に変更等が生じた場合は、届出をすること

 (1)届出事項に変更が生じた場合(法第23条第2項)

   変更を生じた日から2週間以内に「肥料販売業務開始届出事項変更届出書」を当課に提出してください。

    肥料販売業務開始届出事項変更届出書:word)(pdf)

 (2)販売業務を廃止した場合(法第23条第2項)

   販売業務を廃止した日から2週間以内に「肥料販売業務廃止届出書」を当課に提出してください。

    肥料販売業務廃止届出書:(word) (pdf)

3 帳簿を備え付けること(法第27条)

   「肥料販売に係る帳簿の備え付けについて」を参考にして、帳簿の記載をしてください。

   肥料販売に係る帳簿の備付について:(pdf)


肥料の生産

 肥料の生産を行う者(以下「生産業者」という。)は、肥料の品質の確保等に関する法律に基づき、事業場の所在地を管轄する都道府県知事に生産業務に関して届出を行うことが義務づけられています。

●普通肥料の届出関係様式

・普通肥料の登録に関しては中国農政局のHPを御参照ください。

  普通肥料の登録について:中国農政局のHP

・御不明な点は、肥料担当(0857-26-7601)まで、御相談頂きます様、お願いします。

●特殊肥料の届出関係様式

1 届出を行う場合(法第22条第1条)

・特殊肥料生産業者(輸入業者)届出書(word)(pdf) 
 添付書類
 (1)生産工程の概要
 (2)分析成績書の写し(生産するものが「堆肥」及び「動物の排せつ物」の場合に限る。)

2 届出事項に変更が生じた場合(法第22条第2項)

 変更を生じた日から2週間以内に届出なければならい。

・特殊肥料生産業者(輸入業者)届出事項変更届出書(word)(pdf)

3 業務を廃止する場合(法第22条第2項)

 ※県内の全ての生産場所を廃止する場合、生産場所を残す場合は届出事項変更届になる。

・特殊肥料生産事業廃止届出書(word)(pdf)

届出先

鳥取県 生活環境部 くらしの安心局 

くらしの安心推進課 くらしの安全担当 肥料担当

〒680-8570

鳥取市東町一丁目220番地
電話 0857-26-7601 FAX 0857-26-8171
     


牛ふん堆肥中のクロピラリドの混入にご注意ください

牛ふん堆肥中にクロピラリドが混入したことによる園芸作物の生育障害が発生していますので、ご注意ください。

農林水産省通知(1)
農林水産省通知(2)
農林水産省通知(3)


爆発物を使用したテロ等の未然防止に向けた肥料販売業者等がとるべき措置について

 肥料販売業者におかれましては、爆発物の原料となり得る化学物質の適正な管理と爆発物を使用したテロ等の未然防止を徹底するため、以下の内容について引き続き遵守していただきますようお願いします。

 警察庁通知(写) 
 鳥取県宛通知


  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000