当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

納税証明書を交付申請されるかたへ

★納税証明書には、車検(自動車税)用と一般(その他の税)用があります。
★それぞれ、各県税事務所の窓口等で申請してください。なお、郵送による交付も行っています。
 

車検(自動車税)用について

●自動車税納税証明書(継続検査・構造等変更検査用)の発行については、鳥取県自動車整備振興会内(鳥取運輸支局隣)に設置の納税証明書自動発行機を御利用いただけます。※手数料はかかりません。
※なお、平成28年4月から、自動車税の納税確認が電子的にできるようになったため、車検時における納税証明書の提示が不要となりました。詳しくはこちらを御覧ください。

 【御利用の際は、次の情報が必要です】
   ・登録番号(ナンバープレートの情報)
   ・車台番号下4桁(自動車検査証に記載されています)

 【自動発行機の設置場所】
   ・鳥取県自動車整備振興会内(鳥取運輸支局隣)1階

 【次の場合、納税証明書は発行されませんので御注意ください】

   ・自動車税が納付されていない自動車
   ・延滞金が納付されていない自動車
   ・同一年度内に県外から転入された自動車
   ・新規登録又は番号変更登録をして2ヶ月以内の自動車 など

 ※※納付直後は御注意ください
  自動発行機で納税証明書が発行できるまで納付日から3~10日(金融機関の休日を除く)程度かかります。

★窓口用の自動車税納税証明書交付申請書はこちら
(窓口での申請について、詳しくはページ下部を御覧ください。)

一般(その他の税)用について

●自動車税以外に関する納税証明書の交付請求(申請)については、窓口又は郵送での申請となります。
★納税証明書交付請求書はこちら
(窓口での申請について、詳しくはページ下部を御覧ください。)

県税事務所窓口で交付請求(申請)される場合の方法と注意点 

●ご本人(法人の場合は代表者)による請求(申請)の場合、次のものをお持ちください。
 ○「ご本人であることを確認できるもの」 >>ご持参いただく本人確認用の書類
 ※印鑑は不要です。
 ※自動車税納税証明書(継続検査・構造等変更検査用)の交付申請で、次のいずれかに該当する場合は、不要です。
  ・交付申請書の提出に併せて、交付申請に係る自動車の自動車検査証(原本又は写しを問わない)を提出した場合
  ・交付申請書に交付申請に係る自動車の車台番号の下4桁を正確に記載して提出した場合

●代理人(個人の場合はご家族、法人の場合は従業員等)による請求(申請)の場合、次のものをお持ちください。
 ○「ご本人(法人の場合は代表者)から代理人への委任状」 >>委任状の記入例
 ※委任状には、委任事項及び委任者の記名・押印(法人の場合は代表者印)が必要です。
 ※自動車税納税証明書(継続検査・構造等変更検査用)の交付申請で、次のいずれかに該当する場合は、不要です。
  ・交付申請書の提出に併せて、交付申請に係る自動車の自動車検査証(原本又は写しを問わない)を提出した場合
  ・交付申請書に交付申請に係る自動車の車台番号の下4桁を正確に記載して提出した場合
 ○「代理人本人であることを確認できるもの」 >>ご持参いただく本人確認用の書類
 ※代理人の印鑑は不要です。
 ※自動車税納税証明書(継続検査・構造等変更検査用)の交付申請で、次のいずれかに該当する場合は、不要です。
  ・交付申請書の提出に併せて、交付申請に係る自動車の自動車検査証(原本又は写しを問わない)を提出した場合
  ・交付申請書に交付申請に係る自動車の車台番号の下4桁を正確に記載して提出した場合

※納税されてから日数が経っていないものに係る納税証明書を請求される場合には、納税確認に時間を要する場合がありますので、領収書をお持ちいただくようご協力をお願いします。

郵送により交付請求(申請)される場合については「こちら」を御覧ください。

納税証明書の請求(申請)について、ご不明な点については、お問合せください。

 >>お問合せ先