当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

消防防災航空センター

消防防災航空センター隊員・職員と防災ヘリの写真

 鳥取県では、災害に強い消防防災体制の確立を図るため、平成10年7月から消防防災ヘリコプター(ベル412EP)を導入し、消防防災航空隊として、これまで大山、砂丘、海等での救助救急活動、地震等の災害応急対策活動などにあたってきました。

 こうした中、平成27年12月に2代目となる「JA31TA/AW139」(愛称だいせん)を運航し、従来のヘリコプターと比べて、巡航速度が速くなり、飛行距離も長くなり、出力もアップされるなど、一層の機能強化が図られたヘリコプターで、これからも、県民の安全確保のための活動にあたって参ります。

 

パンフレット(PDF:1,344KB)