メンテナンスのため、12月8日(火) 1時~3時00分(予定)の間、閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

プロフィール

mikami 明治30年、八頭郡郡家町(現八頭町)私都に生まれる。大正8年、鳥取県師範学校(現鳥取大学)を卒業し、社小学校(現用瀬小学校)、八上小学校(現河原第一小学校)に赴任。その後、用瀬小学校が八頭郡で初めてピアノを購入したことから、同校へ転任。その後、鳥取師範附属小学校(現鳥取大学附属小学校)に勤務。この頃、「小学校唱歌教授細目の理論と実際」の編集発行や音楽教育講習会の開催などで、本居長世、藤井清水、永井幸次らを招き、県下の音楽科教員に影響を与える。
 一方、大日本少年団(ボーイスカウト)のリーダーとして県内外で活躍し、青少年社会教育に貢献する中で常に音楽を大切にし、「ふくろ」などの数多くの野外ソング、ゲームソングなどを作曲する。
 昭和初期から民謡や小唄にも関心を持ち、県内各地の小唄や民謡を作曲するが、なかでも「貝殻節」は、彼の採譜によって全国に名を知られることになる。
 鳥取市立面影小学校長を最後に退職するが、その後はバイオリングループ「三和会」を結成し、後進の指導にあたる。
 昭和37年に64歳で没する。

主な作品

ふくろ ほたるこい 子供の出発
  

最後に本ページの担当課
   鳥取県 地域づくり推進部 文化政策課
   住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話  0857-26-71250857-26-7125    
   ファクシミリ   0857-26-8108
    E-mail  bunsei@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000