日野川の源流と流域を守る会

フォトコン2017応募作品

「日野川の源流と流域を守る会」設立趣意書


 日野川は、流域に住む住民の生命と健康、そして豊かな文化や風土を育むとともに、豊かな大地の恵みから、多くの産業発展の基礎となっています。私たちは、そこからもたらされる多くの恩恵を当たり前のものとして、受け取ってきました。

 その恵みは、源流にとどまらず、遠く日本海にもそそがれ、豊かな海の源泉となり「森は海の恋人、川は仲人。」といわれるゆえんともなっています。

 今日、その日野川のもつ多様な機能の認識が深まっています。そして、この日野川を恵まれた環境のまま、次の世代へ引き継ぐためには、流域に住む私たちが、源流と流域の自然環境を守ることに積極的に取り組んでいくことが求められています。

 このような背景から、日野川流域に住む私たちが、お互いに交流と連携、情報交換を行って、これからの日野川の源流や流域のあり方を考え、提案し、行動していくことが、今の私たちに課せられた大きな使命です。

 源流から河口、支流から本流に至る、すべての日野川流域の自然環境を守り、子どもたちに美しいままの日野川を引き継いでいくために、ここに「日野川の源流と流域を守る会」(略称「日野川を守る会」)を設立します。

会の概要

設立

平成14年4月22日

目的

日野川を、流域住民一人一人が大切にし、恵まれた環境のまま次の世代へ引き継ぐとともに、源流と流域の自然を守り、日野川を日本一美しい川にする。

会員数

382名 (2018年2月28日現在)

役員

会長

豊島良太(鳥取大学学長)   

副会長

白須邦夫((社)境港水産振興協会会長)
伊木隆司(米子市長)
増原聡(日南町長)

監事

﨏田淳一(日野町長)
天崎直幸(日南町商工会会長) 

主な活動

ふるさと日野川の美しい自然、そして自然と共存した豊かな文化を次世代に引き継ぐために!

森林を守る活動

源流域の森林を豊かにするための森林整備などの活動  

川や海を守る活動

川や海の清掃活動や生活排水から清流を守る活動

歴史と文化を学ぶ活動、普及啓発活動

日野川の良さを体感する旅、元気な森を復活させ隊、森や水に親しむ活動の支援等

入会案内

日野川の源流と流域を守る会では、ふるさとの美しい自然・文化を子ども達に引き継いでいくため、一緒に活動して頂ける会員を募集しています。
日野川の源流と流域を守る会では、日野川流域の自然体験や学習イベント、自然保全活動などを定期的に開催しています。
会員の方にはイベント情報案内だけでなく、定期発行の「会報ひのがわ」の郵送もしております。
興味がある方は、下記の方法で入会申し込みをしてください。

会員資格

  • 流域内の法人・団体、個人
  • 本会の趣旨に賛同される方

年会費

  • 法人・団体 1口5,000円
  • 個人 1口1,000円

入会方法

いずれかの方法により申し込んでください。後日、会費の振込用紙を送付します。

郵送またはファックス

入会申込書に必要事項を記入の上、郵送またはファックスしてください。
入会申込書 PDF形式→PDF    WORD形式→ワード
会員募集チラシ
会員募集チラシ表会員募集チラシ裏

電子メール

hino-shinkou@pref.tottori.jpあてに
件名:「源流の会入会希望」とし、本文に氏名、住所、電話番号をご記入の上、メール送信してください。

ご相談・連絡先

〒689-4503 日野郡日野町根雨140-1
鳥取県西部総合事務所日野振興センター日野振興局内
日野川の源流と流域を守る会事務局(担当:山本・雨宮)
電話(0859)72-2080(0859)72-2080
ファクシミリ(0859)72-2072
Eメールhino-shinkou@pref.tottori.jp