メンテナンスのため、9月28日(火)及び29日(水)午前1時以降、一時的に閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

リチウムイオン電池等の適正処理について

リチウムイオン電池が原因(疑い)の火災が多発してます!

近年、ごみ収集や処理時に、リチウムイオン電池が原因(疑い)の火災が多発しています。

リチウムイオン電池を廃棄する場合は、お住まいの市町村が指定する方法で、適切な廃棄をお願いします。

[最近の事例(県内)]

・令和2年10月7日   ごみ収集作業中に発火(鳥取市HP:外部リンク)

・令和2年11月16日 不燃ごみ処理中に発火(鳥取中部ふるさと広域連合HP:外部リンク)

リチウムイオン電池について

 リチウムイオン電池は、その軽量さや電気を大容量に蓄える性質をもっているため、携帯電話、スマートフォン、デジタルカメラ、モバイルバッテリー、加熱式たばこ、ノートパソコン、コードレス掃除機等の身近な小型家庭用電気機器へ使用されています。

 一方、リチウムイオン電池は、破損や変形により発熱・発火する危険性を有しており、廃棄時に可燃ごみやプラスチックごみ等へ混入したり、不燃ごみや粗大ごみの中に残されたりすることで、その運搬や処理過程において、発火し火災となることも多数報告されています。

 このため、リチウムイオン電池を含む小型充電式電池の処分は、適正に行う必要があります。

廃棄方法について

 運搬時やごみ処理施設での火災事故を予防するため、リチウムイオン電池を含む小型充電式電池の廃棄を行う時は、お住いの市町村のごみ分別方法に従って、適切な廃棄をお願いします。

 また、一般社団法人JBRCの協力店(電器店、ホームセンターなど)で、充電池の回収を行っていますのでご利用ください。

 ⇒ 一般社団法人JBRC 協力店検索(外部リンク)

参考

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000